ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]陥落する女王さま(生意気系)! 「女の子に…されちゃう…」系BLの新境地! 陸奥「妖精よ、そこへなおれ。」収録「パンツが好きなら他をあたれ」


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生    受け-女装  受け-女王さま  ●マ行-陸奥  
妖精よ、そこへなおれ。 (ビーボーイコミックス)妖精よ、そこへなおれ。 (ビーボーイコミックス)
(2012/03/10)
陸奥

商品詳細を見る


 これは掘り出し物の一冊でした!
 陸奥先生のデビューコミックスです。

 「あとがき」を読むと、リブレの編集者から声をかけられるまで、完成したオリジナル漫画を最後まで描いたことがなかったそうです。
 それが影響しているのか、コミックスを読むと、特異な感覚をお持ちの作家さんのようにお見受けします(もちろん褒め言葉)。
 BLにかぎらず、マンガを読んでいると、「こんなシーンを描けるなんて、このマンガ家さんの頭ってちょっとどうにかしちゃってるんじゃ…」と思うことがしばしばあります(くどいですが褒め言葉)。
 今回、コミックスの中に収められている短編『パンツが好きなら他をあたれ』を読んだとき、ブログ主はまさにその感覚に襲われました。
 新しく、そして他の作家さんには描けない世界がそこにあったからです!

 今回は、ブログ主が感じたそんな驚きをお伝えしたいと思います。

 

[レビュー]なぜ俺は女装少年に萌える? 長年の疑問に答えを導く同人誌に冬コミで出会った 『断定探偵』さま発行「かなりヌケちゃうディフェンダー」


Category: レビュー 同人誌   Tags: 受け-女装  ●カ行-かわさきしほ  
 冬コミに参加されたみなさま、お疲れさまでした。
 …というか、新年明けましておめでとうございます!
 ロクに更新がない当ブログですが、じつはいまだにやる気満々なので、本年もどうぞみなさまの程よいお付き合いをいただければとても嬉しいです。

 昨年末の冬コミは、例年どおり3日間すべて一般参加しました。
 1日目はジャンプ系女性向けジャンルを主に追って、2日目はオリジナルBL、3日目は男性向けのショタや女装少年本を追いかけました。

 

[レビュー]引きこもりチックな女装優等生受けマンガ、めったに笑わない生徒会長相手のラブストーリーほか3作品収録 高井戸あけみ『男子、花園に出ずれば』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-女装  受け-生徒会長・委員長  受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  ●タ行-高井戸あけみ  
男子、花園に出ずれば (花音コミックス)男子、花園に出ずれば (花音コミックス)
(2009/09/29)
高井戸 あけみ

商品詳細を見る


 帯に大きく「生徒会長とドキドキ同棲生活♪」と書かれたこのコミックス。
 “優等生受け”界に名を轟かす高井戸あけみ先生の最新刊です~!
 ぶっちゃけですね、表題作の『男子、花園に出ずれば』は、ほとんどエロらしいエロがないマンガなんですが、それでもブログ主は大満足させていただきました。
 あんなにエロが好きなブログ主なのに(笑)。

 そのあたりの満足っぷりをご説明したく思うわけですが、じつはこのコミックスには、表題作の他に、同じ学校を舞台にした2つのマンガが収録されてます。
 登場人物も共通で、主人公だけが違うという感じになってまして、コミックス全体が一つのシリーズになっているんですが、そのうちの一作、『少年キューティーX』については、今年の前半に『花音DX』vol.13に掲載されたとき、もうレビューを書きたくて書きたくてしょうがなくて…。
 でも、どうにも仕事が忙しくそのままにしてしまってました。

 というわけで、まずは『少年キューティーX』のストーリーをご紹介させていただいた後に、同じ舞台、同じ登場人物で繰り広げられる表題作『男子、花園に出ずれば』をレビューさせていただこうと思います!

 

[レビュー]「規則」「規則」な優等生ナースくんが恥ずかしいことに…他、女装と優等生が死ぬほど詰まった超オススメな一冊! 鹿島田しき『治さない病』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-女装  受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  ●カ行-鹿島田しき  
治さない病 (MDコミックスNEO 57)治さない病 (MDコミックスNEO 57)
(2009/09/26)
鹿島田 しき

商品詳細を見る


 全宇宙の55兆億万人生命体が首を長くして待ち望んでいた鹿島田しき先生の最新刊が出ました!
 兆億万ってどんな単位だよとか、全宇宙の全生命体に首があるのかという問題はさておき、ビックリするくらい中身が濃いです。
 表題作の『治さない病』については、07年のアンソロジー掲載時にすでにレビューを書かせていただいているので、ストーリーを知りたい方は、こちらの記事をご参照いただくとして(ふだんは優秀でまじめな男子中学生が妹の服と下着を着てうっとりしてるところを見つかっていろいろされちゃうお話しです・笑)、何としても皆々様に本書を手に入れてうっとりしていただきたく、他の収録作品について今日はご紹介させていただこうと思います…!

 でも、本当にどの作品も素晴らしくて選び出すのも一苦労…。
 そこを枉げてまず最初に、『眼科ナースのお仕事』という短編マンガからご紹介させていただきましょう!

 

[レビュー]思わぬ良作! コンプレックスまみれの強気優等生の心を甘く溶かしちゃったのは、意外なヘタレ後輩で!? 波奈海月『純情スイーツ妄想レシピ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  受け-眼鏡  受け-女装  特徴-年下攻め  特徴-高校生  ●ハ行-波奈海月  
純情スイーツ妄想レシピ (白泉社花丸文庫 は 4-2)純情スイーツ妄想レシピ (白泉社花丸文庫 は 4-2)
(2009/09/18)
波奈 海月

商品詳細を見る


 これまで何回か書いてきましたが、ブログ主は、“優等生受け”ではあっても、受けキャラが強気なタイプで、例えば年下後輩のワンコ攻めとか相手に、エッチの最中まで「ばかっ、やめろ!」とか叱りつけちゃうようなタイプは、あまり好きではありませんでした。
 だから、この本も買おうかどうか迷ったんです。
 本屋の店頭でパラパラと中身を見たときに。
 でも、女装少年ものだし…と思って買って正解でした(笑)。

 波奈海月先生のデビュー2作目となる最新刊『純情スイーツ妄想レシピ』をご紹介させていただこうと思います~。

 

[新刊レビュー]擬人化BLなんて大嫌いなのに…あんまりに受けキャラが可愛いから読みふけってしまいました! 今年のBL界は「好きな人の前だと女の子みたいに可愛くなっちゃう男子」がブーム!(だと勝手に思う) 吉杜玖美『秋葉原くんと渋谷くん』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-女装  特徴-高校生  ●ヤ行-吉杜玖美  
秋葉原くんと渋谷くん (アクアコミックス) (オークラコミックス)秋葉原くんと渋谷くん (アクアコミックス) (オークラコミックス)
(2009/07/10)
吉杜 玖美

商品詳細を見る


 みなさん、こんばんは!
 生き地獄をなんとか生き抜いてるブログ主です(笑)。
 今日土曜日だけは休みでしたが、明日からたぶん3週間ぐらい休みがありません。
 8月の2週めあたりには夏休みがもらえそうですが、それまで生きてられるのか…。
 でも、管理職のブログ主はまだいいほうで、部下の平社員な若手たちは、現場に出続けでやっぱり休みなしです。
 何とか仕事を減らしてやりたいんですが、やらなければならないことが多すぎて、泣く泣くやってもらってます。
 本当にすまんのう、部下たちよ…。

 

[新館レビュー]「僕は女じゃない…!」なんて突っ張っちゃってる色子が風変わりな客の相手をすることになり… 吉野ルカ『ささ夜の恋』より、『ただあざやかな恋のため』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-美人の優等生  受け-女王さま  受け-女装  特徴-歴史もの  ●ヤ行-吉野ルカ  
ささ夜の恋 (ダイヤモンドコミックス)ささ夜の恋 (ダイヤモンドコミックス)
(2009/03/21)
吉野 ルカ

商品詳細を見る


 えー、先日の記事で書きましたとおり、発売されていたことをすっかり見逃していた吉野ルカ先生の最新刊『ささ夜の恋』を今日はご紹介しようと思います~。

 いやー、今回も……よかった。
 しっとりと読ませていただきました。
 この作家さんが書くキャラクターは、攻めも受けも脇役もみーんな愛おしい。
 登場人物の誰もが、自分の分身のような気がしてきてしまいます。
 とくに受けキャラの可愛さといったら…!

 

[新刊レビュー]自分より圧倒的に強い男が登場→優等生のプライドずたずた→屈辱に震えながら組み敷かれ…という真“優等生受け”な一作! 秋山みち花『桃下の身代わり花嫁』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-美人の優等生  受け-王子さま・貴族    受け-女装  特徴-歴史もの  ●ア行-秋山みち花  
桃下の身代わり花嫁 (B‐PRINCE文庫)桃下の身代わり花嫁 (B‐PRINCE文庫)
(2009/04/07)
秋山 みち花

商品詳細を見る


 どんなに仕事が忙しくても、家に帰ったら必ず一冊はBL本を読むブログ主です。
 昨晩も「ううう、眠いずら…」というどうしようもないタイトルの記事を更新したあと、それでも一冊読もうと思って布団に寝っ転がりながらこの本を読み始めたのですが、あまりに眠く気がついたら寝てました。
 そのまま爆睡して眼が覚めたら早朝。
 なんか悔しかったので、出勤前に読んでやろうと思って、布団の中で無事読み終えました(笑)。
 で、面白かった…!
 読み終わった後も物語の余韻に浸ってしまい、布団の中から出たくなかった…!
 本日はそんな一冊、秋山みち花先生の最新刊『桃下の身代わり花嫁』をご紹介しようと思います~。

 一部の方は「またか」とお思いでしょうが、ええ、またもや女装もので花嫁ものです(笑)。
 すいません、好きなんです。
 だってこの種の設定のBLだと大抵の場合、主人公(受)が屈辱に涙を流すことになるのが多いので…! ←歪んでてすいません(笑)
 本作もそんな目論見どおりの一冊でした。
 内容をじっくりご紹介させていただきましょう!

 

[新刊レビュー]「名前を呼んで…?」 偶然にも同じモチーフが登場していた2作品を同時レビュー! 『Hertz』vol.28より、鈴木ツタ『ワイルドとストロベリー』 明誠助『明るい男のコ計画』より、『くるくるまわる』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-平凡っ子  受け-成績優秀  受け-真面目・カタブツ  特徴-中学生  特徴-高校生  受け-女装  ●サ行-鈴木ツタ  ●ア行-明誠助  
HertZ VOL.28 (28) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.28 (28) (ミリオンコミックス)
(2008/10/01)
不明

商品詳細を見る


明るい男のコ計画 (MDコミックスNEO 29)明るい男のコ計画 (MDコミックスNEO 29)
(2008/09/24)
明 誠助

商品詳細を見る


 偶然ですが、最近出たまったく関係のない2つの作品で同じモチーフが使われていて、ブログ主には非常に印象的に映りました。
 片や、鈴木ツタ先生が描かれた“平凡受け”BL、片や明誠助先生の描かれた“優等生受け”な男性向けショタと、まったく違う畑の作品なのですが、そんな共通点を中心にご紹介していきたいと思います~。

 じつはこの2つのマンガでは、どちらも主人公が名前を呼ばれることがすんごく重要な意味を持ってるんです。
 ストーリーを順にご紹介していきましょう!

 まずは鈴木ツタ先生が隔月刊誌『Hertz』vol.28で描かれた“平凡受け”BL『ワイルドとストロベリー』から。

 本ブログでも何度もご紹介させていただいた鈴木ツタ先生ですが、何と言うんでしょう、ちょっとネクラな“平凡受け”を描かせたら日本一ですよね!
 可愛くもないしブサイクでもないし、とくに目立つところがなく、成績も性格も平々凡々。
 そんな自分を、本人はちょっとだけコンプレックスに思ってる――。
 そんな“平凡っ子”が受けキャラになってるBLを描かせたら、現状ダントツで第一位に来るのが鈴木ツタ先生だと思うわけです。
 昨年本ブログでもご紹介した『みにくいアヒルと王子様』なんて、“平凡受け”の歴史に残る決定的な名作ですよね…。
 そんな鈴木ツタ先生が、またもや胸をキュンキュンさせてくれる“平凡受け”BLを世に出してくださいました~。

 

[新刊レビュー]キモい“乙女男子受け”な一作! これって『オトメン(乙男)』のマネ? いやいや、そうでもないんです! 高月まつり『ロマンティックは裏切らない』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-乙女男子  受け-女装  受け-キモオタ  特徴-高校生  ●カ行-高月まつり  ●サ行-砂原糖子  
ロマンティックは裏切らない (プリズム文庫)ロマンティックは裏切らない (プリズム文庫)
(2008/07/23)
高月まつり

商品詳細を見る


 1週間のご無沙汰でした~。
 土曜から休みだったんですが、小学校以来すでに20年来の付き合いになる友達2人とハイキング(?)に行ってまして、ブログ放っぽってました…。
 8月のお盆前に富士山を登りに行くんですよ、同じメンバーで。
 去年も登ったんですが、8合目で友達が高山病になっちゃって名誉ある撤退(?)をしたんです。
 今年こそは…ということで、予行演習に東京都下の渓谷をひたすら歩いてきたんですが…。
 つ、疲れた…!

 といいつつ、じつはこの1、2週間ほど、新刊のBL本にはあまり本ブログで取り上げるような“優等生受け”だったり“キモオタ受け”だったりなものがなく、書くネタに困ってはいたんですけれどね!
 数少ない中から、高月まつり先生の最新刊『ロマンティックは裏切らない』をご紹介しようと思います~。

 本作は、とくに“優等生受け”ではありません。
 では、本ブログの裏テーマ(?)である“キモオタ受け”かといえば、それも微妙に違います。
 いや、やっぱり“キモオタ受け”になるのかなぁ。
 受けキャラが一般的には“キモイ”と言われる特殊キャラであることは間違いありません。
 でも、外見はカッコイイ男子高校生なので、絵的にはそうキモくないんですよ。
 なので、じつはこのレビューも当ブログで書くべきか迷ったんですが、「こんな○○○な俺なんて、好きになってもらえるはずがないんだ…!」という鬱屈した精神の受けキャラを何よりも愛する当ブログの基本精神から眺めれば(笑)、やはり本作は“キモオタ受け”の一種と断ぜざるをえません。
 この小説の素晴らしい魅力をまだ読んでない人たちに知ってもらいたい…! ということで、晴れて内容をご紹介させていただこうと思います~(笑)。

 

[新刊レビュー]意地っ張りなカタブツ優等生がなかなか見せない本心にヤキモキ…! 『BOYS JAM』vol.12より、BENNY'S『どっちがいいの?』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  受け-女装  ●ハ行-BENNY'S  
BOYS JAM 12 (12) (ディアプラスコミックス)BOYS JAM 12 (12) (ディアプラスコミックス)
(2008/05/30)
不明

商品詳細を見る


 すいません、当分更新がとびとびになりそうなブログ主です…。
 みなさまには温かい言葉を掛けていただいて涙ちょちょぎれそうです…。
 何とか早めにいつものペースに戻れればいいなぁ…。

 辛気くさい話はそれくらいにして、もう溜まりに溜まっている今月の“優等生受け”を一つでも多くご紹介していきましょう!

 年4回という刊行ペースが待ち遠しすぎるBLアンソロジー『BOYS JAM』vol.12に掲載されていたBENNY'S先生の短編マンガ『どっちがいいの?』です!
 いやもうこれは胸キュンしすぎ!
 “男性向け”にカテゴライズされてしまう寸前の激しいエロ描写。
 でも、そこにはラブが詰まっていてボーイズラブ以外の何者でもないというBENNY'S先生の作風が、ブログ主は大好きです。
 『BOYS JAM』はほぼ毎回載っている常連の作家さんですが、今回もカタブツなのにとっても可愛い主人公(受)という、超萌えるストーリーを描いてくださいました~!

 ところがここで大問題が!

 今回のマンガ『どっちがいいの?』なんですが、じつは最初のページの最初のコマに、本作最大の“謎”が埋まっているんです。

 

[レビュー]優等生な幼なじみがオヤジと援助交際!? 『BOY'S LOVE』07年8月号より、山田ミツバチ『隣のあの子は』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ネクラ    特徴-高校生  受け-女装  ●ヤ行-山田ミツバチ  
 新年一発目、さーてどのBL本のレビューを書こうかなぁと思案して、本ブログらしくエロいのをご紹介することにしました(笑)。
 もちろんエロいだけじゃないですよ、可愛くて読むと胸がキュンキュンする山田ミツバチ先生の読み切りマンガです。

 なんてことを書きながら、誤解を恐れずに言いますと、山田ミツバチ先生のマンガは、「うーん、この作者さんは頭がおかしいのかしら」と思うくらいにぶっ飛んでることが多々あります。

 

[新刊レビュー]凛々しい優等生くんが女装を見つかって… ショタアンソロジー『エロスの少年』より、鹿島田しき『治さない病』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-ガリ勉  受け-女装  ●カ行-鹿島田しき  
エロスの少年 (MDコミックスNEO 6)エロスの少年 (MDコミックスNEO 6)
(2007/12)
不明

商品詳細を見る


 いや~、またもや鹿島田しき先生です。
 たぶんこのブログで取り上げさせてもらった回数が一番多い作家さんじゃないかと。
 でも、出るマンガ出るマンガみんな“優等生受け”なんだから、しょうがないですよね(笑)。
 というわけで、本ブログ一押しの“優等生受け”マンガ家、鹿島田しき先生の新作です!

 さて、今回の新作『治さない病』は、鹿島田しき先生が描かれてきた“優等生受け”マンガの中でも飛び抜けて“男性向け”な作りになってます。
 ――男性向けのショタ・アンソロジーに掲載されてるんだから、当然っちゃ当然なんですが。

 でもですね、なんかマンガから溢れてくるセンスというか、オーラというか、にじみでてくる雰囲気が、とても女性の作家さんが書いたものとは思えないんですね~。

 

[新刊レビュー]最後まで女装したままという神展開! 遠野春日『花嫁は貴族の愛に奪われる』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-王子さま・貴族  受け-女装  受け-高潔な優等生  ●タ行-遠野春日  
花嫁は貴族の愛に奪われる (SHY NOVELS 196)花嫁は貴族の愛に奪われる (SHY NOVELS 196)
(2007/10/26)
遠野 春日

商品詳細を見る


 ちーけんが大好きな作家さんの1人である遠野春日先生。
 いいところはいっぱいありますが、無理矢理ひとつ挙げるとすれば、「女装ものBLで、主人公が最後に男に戻ったりしないこと」というのがあります。
 意外に多いんですよ、せっかく(?)受けキャラが女装して登場して、攻めキャラとニャンニャン(死語)できたのに、最後の最後で「男の姿に戻った君も可愛いよ」とか「本当の君にようやく会えた…!」とか言われちゃって、女装をやめちゃうというBL。
 その点、遠野春日先生の小説は、もちろん例外はありますが、女装させられた主人公は最後までというか死ぬまでその格好でラブラブしていきそうな勢いなものが多く、ちーけんは非常に評価しております(笑)。

 で、最新刊『花嫁は貴族の愛に奪われる』も、この超美麗な北畠あけ乃先生の表紙が全てを語っているとおり、見事に主人公(受)が女装させられてます。
 しかも優等生!
 いやー言うことナス(死語)ですな!

 

[新刊レビュー]花のお江戸を舞台に…姫として育てられた鈴に嫁入り話が!? 『Dear+』07年12月号より、山中ヒコ『丸角屋の嫁とり』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-歴史もの  受け-女装  受け-王子さま・貴族  ●ヤ行-山中ヒコ  
Dear+ (ディアプラス) 2007年 12月号 [雑誌]Dear+ (ディアプラス) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/11/14)
不明

商品詳細を見る
 山中ヒコ先生がなんだか一皮むけてます!
 今月発売の『Dear+』07年12月号で!
 今まで何度も本ブログでもご紹介したとおり、ちーけんは山中ヒコ先生の描くマンガが大好きで、同人誌も現在絶賛収集中です。
 人と人の間を揺れ動く“想い”とでもいうような、言葉では言い表しにくいすごくふわふわした切ないものを、マンガという表現手段の中で紙の上に写し取らせたら山中ヒコ先生は天下一品だと、ちーけんはこれまでも思ってました。
 実際、山中ヒコ先生が描かれるマンガは、もう胸がキュンキュンするという表現では足らないくらい、読者の感情を根底から絞ってくれちゃうんです。
 人間はこういう“色”の感情を持つことができるのか! という新鮮な驚きを、ちーけんは山中ヒコ先生のマンガを読むたびに感じてきました。
 ただ、そんな素晴らしい山中ヒコ先生のマンガの中に、ちょっとだけですが“気取り”とでもいうべき雑念を感じることがあり、ちーけんはその点だけを残念だなぁとじつは思っておりました。

 

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電