ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]陥落する女王さま(生意気系)! 「女の子に…されちゃう…」系BLの新境地! 陸奥「妖精よ、そこへなおれ。」収録「パンツが好きなら他をあたれ」


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生    受け-女装  受け-女王さま  ●マ行-陸奥  
妖精よ、そこへなおれ。 (ビーボーイコミックス)妖精よ、そこへなおれ。 (ビーボーイコミックス)
(2012/03/10)
陸奥

商品詳細を見る


 これは掘り出し物の一冊でした!
 陸奥先生のデビューコミックスです。

 「あとがき」を読むと、リブレの編集者から声をかけられるまで、完成したオリジナル漫画を最後まで描いたことがなかったそうです。
 それが影響しているのか、コミックスを読むと、特異な感覚をお持ちの作家さんのようにお見受けします(もちろん褒め言葉)。
 BLにかぎらず、マンガを読んでいると、「こんなシーンを描けるなんて、このマンガ家さんの頭ってちょっとどうにかしちゃってるんじゃ…」と思うことがしばしばあります(くどいですが褒め言葉)。
 今回、コミックスの中に収められている短編『パンツが好きなら他をあたれ』を読んだとき、ブログ主はまさにその感覚に襲われました。
 新しく、そして他の作家さんには描けない世界がそこにあったからです!

 今回は、ブログ主が感じたそんな驚きをお伝えしたいと思います。

 

スポンサーサイト

[レビュー]アホでへたれな幼馴染みをバカにしまくってた眼鏡優等生が……最後は乙女っぷり丸出しでぐずぐずに!!! 雲之助『ラブリートーク』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-真面目・カタブツ  受け-眼鏡  受け-生徒会長・委員長  受け-女王さま  受け-自信家    ●カ行-雲之助  
ラブリートーク (IDコミックス GATEAUコミックス)ラブリートーク (IDコミックス GATEAUコミックス)
(2010/08/12)
雲之助

商品詳細を見る


 事件ですよ…この本の発売は事件ですよ…。
 本年度の“優等生受け”BL第一位を狙える凄いマンガが、何の前触れもなく発売されてしまいました。
 新創刊された「ガトーコミックス」より今月発売されたばかりの一冊、雲之助先生のデビューコミックス『ラブリートーク』です。

 ブログ主は、こーゆーレーベルが出来るらしいというのはもちろん知っていて、「創刊ラインナップはどんな感じなのかな~」と思ったら、3人ともまったく知らないお名前の作家さんだったので、全然期待もしてませんでした。
 同人誌傑作選みたいなコミックスなのかな~? と思ったくらいで。

 ところが!!!!!!

 買ってみたら腰が抜けました(笑)。
 どこにいたの、こんな作家さん!!!
 いやー、生きててよかったです。
 ハッキリ言って、優等生スキーならば、以下のレビューなんか読まずに、このままamazonでポチッたり、書店に走っても絶対に後悔しない一冊ですが、ブログ主個人の心の記念碑として、ざっくりレビューを残しておこうと思います。

 

[レビュー]今月のベストBL! 「経済学部の王子さま」と呼ばれる高慢ちきな先輩が、「バカ」と嘲笑していた後輩にぐずぐずに! 凪良ゆう『全ての恋は病から』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-大学生  特徴-年下攻め  受け-女王さま  受け-成績優秀  ●ナ行-凪良ゆう  
全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)
(2010/03)
凪良 ゆう

商品詳細を見る


 よし。
 書けるときにレビュー書こう。
 今日2冊目!
 手短にまとめよう、手短に。
 ずるずる長くなるから時間もかかって、ついつい更新したくなくなっちゃうんだ。

 では、これはもうすぐにでもご紹介したかった一冊。
 凪良ゆう先生の最新刊『全ての恋は病から』です!

 いやもう素晴らしかった!
 ブログ主的に、今年の3月に読んだBL本で一番よかったです。
 しかもこの本、事前にはまっっっったく期待していなかったし、本屋で相当迷ったすえに「ハズレでもいいや」ぐらいの気持ちで買った一冊だっただけに、もし買わずに読まないママだったら…と思うと、相当震えます。
 生涯読んだBLの中でもかなり上位に来ます、これ。

 

[レビュー]恋人も友達もいない人生を送ってきたインテリ教授の前に、太陽のような学生が…インテリがメロメロに! いさか十五郎『クールな姫に恋して』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-社会人  受け-美人の優等生  受け-インテリ  受け-エリート  受け-ガリ勉  受け-女王さま  ●ア行-いさか十五郎  
エロティックエゴイスト (カルト・コミックス X-kidsセレクション)エロティックエゴイスト (カルト・コミックス X-kidsセレクション)
(2009/10/23)
いさか 十五郎

商品詳細を見る


 やっぱり“優等生受け”の醍醐味は、孤独で頑ななインテリくんを、ぐずぐずのメロメロにしてしまうところにあると思っているブログ主ですが、まさにそんな一作が発売されました!
 いさか十五郎先生の最新刊『エロティック エゴイスト』に収録された『クールな姫に恋して』です。

 この作家さんは、優等生スキーな視点で見ると、思いっきり“優等生受け”な作品を描いてくださるかと思えば、真逆のヒゲオッサン受けが飛び出したりという、なかなか扱いづらい(?)マンガ家さんなんですが、今回のコミックスも全体で見るとそんな振り幅の大きさが思いっきり出てまして、今回ご紹介する『クールな姫に恋して』が載っているかと思えば、短髪顎ヒゲの教師が受けキャラという『生徒の本分』というマンガも載ってたりとやっぱり百花繚乱でした。

 では、とにもかくにもまずは『クールな姫に恋して』からご紹介していくといたしましょう!

 

[レビュー]“ニューウェーブBL”の旗手がかっ飛ばした「王道」作品集! 性格破綻者たちが山盛りです(笑) 恋煩シビト『愛のポルターガイスト』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-キモオタ  受け-変人  受け-女王さま  ●カ行-恋煩シビト  
愛のポルターガイスト (花音コミックス)愛のポルターガイスト (花音コミックス)
(2009/10/29)
恋煩 シビト

商品詳細を見る


 これもブログ主が楽しみに待っていた一冊、恋煩シビト先生の最新刊『愛のポルターガイスト』が花音コミックスとして先月末に発売されました!
 しかも、Babyコミックスからも、ほぼ同時発売で『窓際の林檎ちゃん』というコミックスが発売されてまして、BL界における恋煩シビト先生の注目ぶりを表す出来事になってます。
 すごい人気ですねぇ。

 

[レビュー]他のBL作家さんはまず書かない、“女の子みたいになっちゃう”受けキャラが炸裂! これぞ小川いらBL! 小川いら『愛の弾丸』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-インテリ  受け-女王さま  特徴-ヤクザもの  ●ア行-小川いら  
愛の弾丸 (幻冬舎ルチル文庫)愛の弾丸 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/09/15)
小川 いら

商品詳細を見る


 うおりゃー!
 今日はどんどんレビュー書くぞー!!!
 本日2冊目のご紹介は、小川いら先生の最新刊『愛の弾丸』であります!

 

[新刊レビュー]テニプリの跡部を人間的に薄っぺらくしたような、自分は天才だと思いこんでる“プライドお化けくん”がズタズタに! 屈辱に震えちゃってるよ! 『花音』09年6月号より、恋煩シビト『恋とはなんと美しく』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-成績優秀  特徴-年下攻め  特徴-高校生  受け-天才  受け-女王さま  ●カ行-恋煩シビト  
花音 2009年 06月号 [雑誌]花音 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/14)
不明

商品詳細を見る


 り、理想が結実したマンガが、今月号の『花音』に…!
 恋煩シビト先生の『恋とはなんと美しく』です!

 ブログ主は常々こう申してまいりました。
 自分が一番と思いこんでプライドばっかり高い優等生クンが、自分よりもっと凄い人間と出会い、メタクソに負かされ屈辱に打ち震えるけど、相手の男に惹かれてどうしようもない自分に煩悶する――それこそが真の“優等生受け”であると!

 今回の恋煩シビト先生のマンガが、まさにそういうお話なんです…。
 まさにドンピシャ。
 うう、生きててよかったよ…。

 

[新館レビュー]「僕は女じゃない…!」なんて突っ張っちゃってる色子が風変わりな客の相手をすることになり… 吉野ルカ『ささ夜の恋』より、『ただあざやかな恋のため』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-美人の優等生  受け-女王さま  受け-女装  特徴-歴史もの  ●ヤ行-吉野ルカ  
ささ夜の恋 (ダイヤモンドコミックス)ささ夜の恋 (ダイヤモンドコミックス)
(2009/03/21)
吉野 ルカ

商品詳細を見る


 えー、先日の記事で書きましたとおり、発売されていたことをすっかり見逃していた吉野ルカ先生の最新刊『ささ夜の恋』を今日はご紹介しようと思います~。

 いやー、今回も……よかった。
 しっとりと読ませていただきました。
 この作家さんが書くキャラクターは、攻めも受けも脇役もみーんな愛おしい。
 登場人物の誰もが、自分の分身のような気がしてきてしまいます。
 とくに受けキャラの可愛さといったら…!

 

[新刊レビュー]いわば野卑な兵隊になぜか惹かれてしまう女王さまとでもいいますか… もろづみすみとも『ねがったりかなったり』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-美人の優等生  受け-女王さま  特徴-社会人  特徴-年下攻め  ●マ行-もろづみすみとも  
ねがったりかなったり (MARBLE COMICS)ねがったりかなったり (MARBLE COMICS)
(2009/03)
もろづみ すみとも

商品詳細を見る


 さっきamazonから届いて、あっという間に読み終えた、もろづみすみとも先生の最新刊『ねがったりかなったり』を今日はご紹介させていただこうと思います!
 本作はBLアンソロジー『BGM』のvol.6からvol.10まで計5回連載されていました。
 もちろんブログ主は雑誌掲載時から夢中になって読んでたわけですが…。
 この作品、正直にいえばそんなに“優等生受け”でもないような気がするのですが(笑)、ものすごーく好きな作品なので、無理やり理由を付けて本ブログにてレビューを書かせていただこうと思います。
 いや、でもちゃんと“優等生受け”っぽいテイストはしっかり入ってるので、どうぞみなさまご安心ください(笑)。

 物語の舞台は、都内にあると思しき小さなパティスリーです。

 

[新刊レビュー]特進クラスの優等生クンが執拗にイジメを… ある意味、下克上LOVE 高岡七六『うそつきのおもちゃ』より、『片想い』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-美人の優等生  受け-成績優秀  受け-いじめっ子  受け-女王さま  ●タ行-高岡七六  特徴-高校生  
うそつきのおもちゃ (オークラコミックス)うそつきのおもちゃ (オークラコミックス)
(2009/03/12)
高岡 七六

商品詳細を見る


 やばい、死ぬほど眠いよ…。
 いまルーベンスの絵が目の前にあったら、確実に死ぬ寝れる…。←ネタが古い
 でも頑張ってレビューします! ←気味悪い自己陶酔

 …などという超どうでもいいマクラはこのくらいにして、高岡七六先生の最新刊『うそつきのおもちゃ』をご紹介しようと思います~(笑)。
 「たかおか・ななろく」とお読みするそうです、このお名前。
 この作家さんの2冊目のコミックスになります。

 で、相変わらずといえば相変わらずなんですが、今回詳しくご紹介する作品は、コミックスの表題作ではありません。
 同時収録されている『片想い』というマンガです。

 …てかですね、このコミックス、表題作の『うそつきのおもちゃ』以外は、み~んな“優等生受け”なBLマンガになってるんですが、よりによって表題作だけが違うんです。
 本ブログ的な価値観から申しますれば、なんでわざわざ一個だけ毛色の違うこの作品を表題作にしたのかと(笑)。
 というわけで、今回はとっても“優等生受け”な一作になってます『片想い』というマンガを詳しくご紹介しようと思います。

 

[新刊レビュー]「僕のこと可愛いって言ったくせに…!」なんてお姫さまな受けキャラが呟いちゃいます! 夏水りつ『犬も走って恋をする』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-女王さま  受け-コンプレックス持ち  特徴-大学生  ●ナ行-夏水りつ  
犬も走って恋をする (花音コミックス) (花音コミックス)犬も走って恋をする (花音コミックス) (花音コミックス)
(2009/02/28)
夏水 りつ

商品詳細を見る


 いやー、もともと性格がアマノジャクなので、他のみなさんも絶対褒めるだろうというBL本はご紹介したくないんですが(笑)、これは書かずにいられないということで、たぶんとっくにバカ売れしてるであろう夏水りつ先生の最新刊『犬も走って恋をする』を今回は取り上げさせていただこうと思います。

 本巻は続き物の2冊目です。
 でも心配ご無用。
 これからご紹介するとおり、この1冊で読みきりとして十分読めますので、どうぞ買おうかどうか迷ってる方は本屋へゴー! です。

 というのは、このコミックス、前半と後半で主人公が入れ替わるんです。
 コミックス前半は、前作『犬も歩けば恋をする』で主人公だった2人が、そのまま主人公として活躍しています。
 前作を読まれている方はご存じと思いますが、人気官能小説家で眼鏡な攻めキャラ・今井頼友と、けなげで可愛い大学院生・小山(あっくん)がその2人です。
 そして、前作で結ばれたこの2人のラブラブな後日談が、今回のコミックスの前半には収められているんですね。

 なので、前巻を読んでないと、今回のコミックスの前半はあまり面白くないわけですが、このなかで、攻めキャラ・今井の弟クンが、2人のお邪魔虫として出てくるんです。
 そして、コミックスの後半では、このブラコンな弟キャラ・今井勝頼(いまい・かつより)が、主人公(受)に昇格するんですね!
 以後は、この勝頼が主人公の新ストーリーになるので、前巻を読んでない方でも問題なく楽しめるというわけです。 

 

[新刊レビュー]“身代わり結婚”BL界に登場した超傑作! ちょっとオレ様な優等生が妹の代わりに従兄のところへ“偽花嫁”として嫁入りして! 南原兼『花嫁は男子校の帝王』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-高校生  受け-美人の優等生  受け-生徒会長・委員長  受け-成績優秀  受け-女王さま  ●ナ行-南原兼  
花嫁は男子校の帝王 (もえぎ文庫ピュアリー)花嫁は男子校の帝王 (もえぎ文庫ピュアリー)
(2009/02)
南原 兼

商品詳細を見る


 最近ずっとマンガのレビューばかりだったので、そろそろ小説をご紹介したいと思っていたのですが、なかなかよい“優等生受け”に出会えませんでした。
 そこで出会ったのがこの作品。
 2月末に発売されたばかりの南原兼先生の最新刊『花嫁は男子校の帝王』です!

 ぶっちゃけ、本作は「妹の身代わりに結婚」「女装して結婚式」「えっ、初夜もやんなきゃいけないの!?」というこれまでBLでは使い尽くされてきたテーマによる一作です。
 これを凡百の作家さんが扱うと、5ページくらいずつ飛ばして読んでって「あー、やっぱこーゆー話なのね」と確認するだけで十分的な、ありがちストーリーで終わっちゃうわけですが、そこは大ベテラン・南原兼先生だけあって、大変素晴らしい一作に仕上がってます。
 あまりに好きすぎて、すでにブログ主は3回ぐらい読み直してしまいました(笑)。

 この「身代わりで結婚」とゆーモチーフは、先ほども書いたとおりこれまでBLでは何度も使われてきてまして、それだけにこれまで名作がいくつも生まれてます。

 

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。