FC2ブログ

ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]“自己否定”のデフレスパイラルに落ちる地味っ子受け…永住香乃『大好き★大好き』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-地味・ダサい  受け-平凡っ子  攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  ●ナ行-永住香乃  
大好き大好き (花音コミックス)大好き大好き (花音コミックス)
(2007/09/29)
永住 香乃

商品詳細を見る


 ぬあー、ツボに来た~。
 花音コミックスの若手作家、永住香乃さんの初コミックス『大好き★大好き』が登場です。
 最初から最後まで学園ものオンリーのすばらしい一冊。
 短編集ということは、事前に調べてあったのですが、中を読んだら、“優等生受け”マニアの心をグッと捉えるマンガを2本発見!
 1本は、ちーけんが最高に好むシチュエーションのマンガで、貪るように読んでしまいました(恥)。

 そちらの作品を重点的にご紹介しましょう~。

 103ページから掲載されている短編『溺れさせてネ マイ・ハニー』が、それです。
 ジャンルで言うと、“優等生受け”というよりも、“地味っ子受け”が正しいかも。
 主人公(受)の小池がどんな地味っ子かというと、同じクラスの超美少年・川崎くんを密かに好きになり、クラスでも派手なグループに属する川崎くんに近づこうと、無理して会話に入ろうとするけどまったく成功せず、しょうがなく、(オレはこっち側でしたね…)と心の中で呟きながら、

「ねー昨日コナン見た?」
「DSでさー」

 なんて会話を文化系なクラスメイトと交わしてしまう日々を送ってます。

 

[新刊レビュー]元優等生な社会人受け&思春期高校生いい子ちゃんの“優等生受け”2本立て! 鈴木ツタ『3軒隣の遠い人』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-地味・ダサい    特徴-年下攻め  特徴-社会人  ●サ行-鈴木ツタ  
3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)
(2007/09/25)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


 6月発売のコミックス『あかないとびら』でも、超絶に胸をキュンキュンさせてくれる地味~な優等生クン受けマンガ『みにくいアヒルと王子様』(レビューはこちら)を描いてくれていた鈴木ツタ先生が、やってくれました!
 またもや“優等生受け”ですよ~!
最新刊『3軒隣の遠い人』は、表題作も優等生受け、フィルアップで収録されている読み切りマンガ『海の上で見る夢』も優等生受けと、至れり尽くせりの一冊になってます!

 まずは表題作『3軒隣の遠い人』から。
 こちらは、優等生受けであることは間違いありません。
 作中、受けキャラである30歳ちょい手前の童顔マンガ家・昇(のぼる)に向かって、3歳年下の主人公(攻)、今はサラリーマンの光也が「…昔はモロ優等生だったよね」なんて言ってるシーンがありますから。

 この2人が、まさにアパートの3軒隣の部屋に偶然引っ越してきてしまったことから、物語は始まります。
 幼なじみでもある昇と光也は、これが10年ぶりの再会でした。

 

[新刊レビュー]80年代後半の『りぼん』のような…嶋田尚未『直情ラバーズ』より『素顔はヒミツ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-地味・ダサい  受け-眼鏡  攻め-クラスの人気者  ●サ行-嶋田尚未  
直情ラバーズ (オークラコミックス) (オークラコミックス)直情ラバーズ (オークラコミックス) (オークラコミックス)
(2007/09/12)
嶋田 尚未

商品詳細を見る


 2週間ぶりに仕事が休みになって死んだように眠っていたちーけんです。
 そんなすさんだ心境で、こーゆーほんわかマンガを読むと、心が癒やされます(笑)。
 嶋田尚未さんのアクアコミックスの新刊『直情ラバーズ』所収の短編『素顔はヒミツ』です。 
 すいません、本ブログは“優等生受け”しか紹介しないので、表題作はほっといて、本コミックスの最後にちょこっと載っているだけの『素顔はヒミツ』のほうだけレビューを書きます…。
 ヤフーとかから、『直情ラバーズ』のレビューを読もうとして検索で飛んできた人はスイマセン…。

 さて、そのご紹介しようとしている『素顔はヒミツ』ですが、カップリングとしては、「スポーツ万能で背も高い、クラス1カッコイイと評判の人気者」な攻め×眼鏡で物静かでおっとりしていてお人好しでクラスメイトから掃除当番とか押しつけられちゃう優等生、という感じです。
 ところがどっこい、じつはこのクラスの人気者の久我(くが)と、見栄えのしない優等生の織原(おりはら)は、みんなにヒミツでおつきあいしている仲なのでした。
 しかも告白したのは、久我から。
 2ヶ月前、いきなり男から、しかもクラスで評判のカッコイイ少年から告白されてビックリした織原でしたが、「俺のこと嫌い?」とニコッと笑いながら言われて、その笑顔につられて付き合うことにしてしまったのでした。

 でも、いまだにそんな人気者と自分が“お付き合い”していると信じられない織原。
 今日も今日とて、押しつけられた掃除当番でゴミを捨てに行った織原の耳に、クラスの女子たちの話し声が聞こえてきてしまいました。

 

[新刊レビュー]なんという掘り出し物! 斑目ヒロ『scarlet』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-キモオタ  受け-地味・ダサい  受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  特徴-大学生  受け-眼鏡  ●マ行-斑目ヒロ  
Scarlet (バーズコミックス リンクスコレクション)Scarlet (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2007/08/24)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る


 やっぱりBLは買って中身を読んでみないと、どんなストーリーかはわからない――そう痛感させられました!
 発売されたばかりの幻冬舎コミックス・リンクスコレクション『scarlet』(斑目ヒロ著)です。

 表題作は、大学生同士の恋愛を描いた学生もので、攻めのキャラ設定が、学生のかたわら人気モデルなんていうti-kenが嫌いな華やかな世界を描いたものだったので(笑)、正直、あまり期待せずに「とりあえず読んでみよう」ぐらいの気持ちで買ったのですが、もう読んでみてビックリ。
 フィルアップとして収録されている2作品が、もうドンピシャ!
 受けがネクラで眼鏡で、でも攻めには一途で超かわいいという、本ブログ的には超萌え萌え(死語)なキャラ設定なのでした。

 順にご紹介しましょう。

 ネクラで眼鏡受けな第一作目は、『ワンナイト スタンド』というタイトルです。
 デパート勤めで総務部に勤務する千場晴巳(ちば・はるみ)は、普段は眼鏡できっちり髪も分けている地味なサラリーマン。
 毎日、目立たないスーツ姿で淡々と仕事をする晴巳には、社内でも取り立てて注意を払う人もいません。真面目だけが取り柄の地味な青年――外見的にはそんなキャラの晴巳ですが、じつは夜になるとカジュアルな服に身を包み、眼鏡を外し、髪型も崩して、ゲイバーに通っていました。

 

 

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電