ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]主人公・楓は自分の性格が大嫌い。そして、そんな気持ちを逆撫でする幼馴染みが11年ぶりに戻ってきて… 雨隠ギド『犬とつばめ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-コンプレックス持ち  受け-地味・ダサい  特徴-幼馴染み  ●ア行-雨隠ギド  
犬とつばめ犬とつばめ
(2012/01/06)
雨隠ギド

商品詳細を見る


 この年末年始、ずっとこの本のレビューを書こうと思って四苦八苦してました。

 雨隠ギド先生の新刊『犬とつばめ』です!

 コミックスの帯を見たら、BLだけではなく、他のジャンルでも雨隠ギド先生のコミックスが同時発売され、出版社をまたいだちょっとしたフェアになってるんですね。

 でも、どうにもうまくレビューを書けなくて、もう気がつけば2月も目の前です。 

 このコミックスの版元は、あの「まんだらけ」です。
 オタ関係専門の古本屋である「まんだらけ」は、何年か前に出版事業も始めていて、BLでは『エディス』というアンソロを半年に1回くらい出しています。
 BLを読む人でも、『エディス』は存在すら知らない人も結構いそうな…というくらい、あまり本屋では見かけないアンソロジーです。
 でも、学園ものに特化してる素晴らしいアンソロなんですよ!
 非常に淡いというか、趣味的(笑)というか、ちょっと不思議な味がある作品が並んでいます。
 今日ご紹介する『犬とつばめ』も、この『エディス』で連載されていました。

 本作を当ブログでご紹介したくなる理由は2つです。

 

スポンサーサイト

[レビュー]マンガを描くのが趣味な、でっかい眼鏡のオタクっ子に、なぜかクラスの人気者が接近してきて!? 高将にぐん『放課後カタオモイ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-オタク  受け-地味・ダサい  受け-コンプレックス持ち  攻め-クラスの人気者  ●タ行-高将にぐん  
放課後カタオモイ (ダリア文庫)放課後カタオモイ (ダリア文庫)
(2012/01/13)
高将 にぐん

商品詳細を見る


 仮にも“優等生受け”大好きブログとか銘打ってる以上、この作品を取り上げないわけにはいきますまい…!
 高将にぐん先生の最新刊『放課後カタオモイ』です!

 何が素晴らしいって、イケメンとオタクっ子という、主人公2人のあまりに対照的なキャラ設定と、そしてその2人が恋愛的な意味でどうにかなっちゃうという関係性が、まず“神”ですよ!
 早速ですが、本文からそれがよくわかる部分を引用してみましょう。

 

[レビュー]小学校時代、「女みたいだな、お前」といじめられた同級生と再会! 自分を忘れてる男に復讐を誓った主人公は… 烏科ひゆ『初恋タイムカプセル』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-社会人  受け-眼鏡  受け-地味・ダサい  受け-いじめられっ子  ●カ行-烏科ひゆ  
初恋タイムカプセル (ショコラノベルス・ハイパー)初恋タイムカプセル (ショコラノベルス・ハイパー)
(2010/01/09)
烏科 ひゆ

商品詳細を見る


 昨晩はBL本読んでる間にいつの間にか寝てました…。
 全然記憶がありません。
 昼間、外で友達と遊んだので疲れてたのかしらん?
 今日は一日フルに休みなので、こうしてまたブログ更新に励んでます(笑)。

 さて今日ご紹介したいのは、烏科ひゆ先生のショコラノベルスH『初恋タイムカプセル』です!
 これも昨年末に出てた本なんですよね…。
 全然新刊レビューじゃなくてすいません。
 ブログ主の好きなBL要素の数々が詰まった一冊でした。

 あ、以前このブログで書いたんですが、もう一回書いておくと、「烏科ひゆ」先生は、「からすか・ひゆ」先生ですから、どうぞお間違えのないように!
 結構みなさん、「とりしな・ひゆ」先生だと思っていませんか?(笑)
 かくいうブログ主は何年も勘違いしてまして去年ようやく間違いに気づいた次第。
 「鳥」(とり)じゃなくて「烏」(からす)です!

 本作は、小学校のときの“いじめっ子”と“いじめられっ子”がサラリーマンになって同じ会社で再会するというストーリーです。
 ブログ主はこれだけでゾクゾクしますよ(笑)。

 

[新刊レビュー]これは大作家の予感…(優等生受け的な意味で) 当ブログ超注目の作家・森本Q先生の最新作は、アキバ系ダサダサ文系眼鏡クン受けのせつない系! 『ビーボーイフェニックス』vol.18より、森本Q『ムカシノオトコ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-地味・ダサい  特徴-大学生  ●マ行-森本Q  
b-Boy Phoenix 18b-Boy Phoenix 18
(2009/05)
不明

商品詳細を見る


 どんなキャラなのかということが作中でほとんど出てこないので、彼が本当にそういうキャラなのかはわからないのですが…。
 断言してしまいましょう!
 本作の主人公(受)・今井武志(いまい・たけし)は文系のダサイ眼鏡くんであると(笑)。

 

[新刊レビュー]不良っぽい正義漢×地味ないじめられっ子という(本ブログ的に)ベストカップルかと思いきや…! 『ビーボーイフェニックス17』お仕置き特集号より、森本Q『教室の三月』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-いじめられっ子  受け-ネクラ  受け-地味・ダサい  ●マ行-森本Q  
b-Boy Phoenix 17 (17)b-Boy Phoenix 17 (17)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る


 ううっ、身体の調子がいいとかほざいてたら、昨日の夜から左の下の歯ぐきが猛烈に腫れまして、痛くてメシも食えません。
 今日、慌てて歯医者に駆け込んだんですが、虫歯ではなく、歯ぐきに傷がついてばい菌が入った模様とのこと。
 痛いよー、痛いよー(涙)。
 なんか顔半分が熱を持ってます。
 まあ、このくらいの痛さはどうでもいいんですが、メシ食えないのが辛い。
 やだなぁ、当分ウィダーインゼリーとかしか食えないのかなぁ(笑)。
 今日もジムに行こうと思ってたんですが、そんなわけで大事を取ってお休みです。

 さて、ブログ主もようやくGWに突入しました。
 今週一杯は基本的にお休みです。
 2日ほど出社する予定ですが…。
 明日はどこか美術館でも行くかなぁ。
 …優雅な休日だ(笑)。
 腐女子・腐男子のみなさまにとっては、大型連休というと、そのぶんBL本が前倒しで出てくれるので、一気に大量の新刊を手にして意気揚々と家へ帰る自分の姿がイメージされるところだと思いますが(笑)、今日のブログ主がまさにそんな感じでした。
 さっき帰宅して、だだーっと新刊の中身をチェックしてたところです。
 ううーむ、豊作(笑)。
 しかも“優等生受け”がイパーイあったよ!
 つい今まで、ショコラノベルスの最新刊にひたってました…女装BLだったので(笑)。
 こちらもおいおいレビューを書かせていただこうと思っていますが、まずは在庫処分(?)から。
 先月発売の『ビーボーイフェニックス』お仕置き特集号に掲載されていて、ブログ主がかなりヤラれてしまった一作、森本Q先生の『教室の三月』をご紹介させていただこうと思います…!

 

[新刊レビュー]まだ半分しか読み終わってないのにレビュー書いちゃいます! それぐらい胸キュン! 本当の気持ちを隠して、長年好きだった親友に抱かれる真面目黒髪優等生…「こんな俺なんか好きになってもらえるはずが…」と自己否定の嵐! いとう由貴『恋の誘惑、愛の蜜』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  攻め-クラスの人気者  受け-地味・ダサい  受け-ネクラ  ●ア行-いとう由貴  
恋の誘惑、愛の蜜 (CROSS NOVELS)恋の誘惑、愛の蜜 (CROSS NOVELS)
(2009/01)
いとう 由貴

商品詳細を見る


 すいません、じつはまだこの本、読み終わっていません!(マジ)
 まだ読んだのは半分だけです。
 なのに、なぜレビューをここで書きはじめちゃってるのか…。

 もちろん答えはひとつ。
 間違いなくオススメできる一作と、この段階で確信したからです!
 切ないエピソードの連続に、本作を読んでる最中、ブログ主の小さな胸(嘘)は、もうギューギューと締めつけられっぱなし!
 しかも、主人公(受)のネクラっぷりといったら…。
 この感動が色あせてしまう前に、ギュッと真空パックにしてみなさんにお届けしたい…! というわけで、まだ読み終わってもない本を超強力にオススメするという前代未聞のレビューを書いている次第なのです。
 ご紹介するのは、この本!
 いとう由貴先生の最新刊『恋の誘惑、愛の蜜』です!

 

[新刊レビュー]周囲の人間の心の声が聞こえちゃう地味な眼鏡っ子が、イケメン同級生に狙われてパニクっちゃって!? 河村なつ『君の声が恋の罠』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-地味・ダサい  攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  ●カ行-河村なつ  
君の声が恋の罠 (アクアコミックス) (アクアコミックス)君の声が恋の罠 (アクアコミックス) (アクアコミックス)
(2008/12/12)
河村 なつ

商品詳細を見る


 さっき弁当を買いに外に出たら、満月が綺麗でびっくりしました。
 小学生の頃でしたか、国語の教科書の一文に、「満月が照って、まるで昼間のように明るい夜」という表現がありました。
 子供ながらに、「昼間のように明るい夜」なんてあるのかと思いましたが、母親に聞くと、たしかにそういう晩があるというのですね。
 回りに電気のない夜の野原の満月の夜は、そんな状態になることがあると。
 ちーけんは真っ暗闇の場所の存在など許してくれない東京生まれの東京育ちでして、残念ながらそういう場所に出会ったことがありません。
 いつか体験してみたいと思いつつ、あっというまに20年近くが過ぎてしまいました。
 どなたか、そんな月夜を体験できる場所をご存じの方がいたら、ぜひ教えてください(笑)。

 とまあ、月を見てロマンチック(?)な気持ちになったからというわけでもないのですが、今日は可愛いお話をご紹介することにいたしましょう~。
 アクアコミックスから昨年暮れに発売されていた河村なつ先生のデビューコミックス『君の声が恋の罠』です。
 ブログ主は、あまり『コミックアクア』も『小説アクア』も読まないので、この作家さんの存在を今まで知りませんでした。
 後書きを読むと、同人活動をしていて、アクアの編集者から「オリジナルやってみませんか?」と声を掛けられたというふうに書いてあります。
 ふだんはどんな活動をしている作家さんなんだろう…。

 

[新刊レビュー]ボサボサ頭にダサ眼鏡のオタクっ子マンガ家が恋に落ちた相手とは…! あんまり主人公が可愛すぎて、父ちゃん涙が出らぁ!(古) 鬼嶋兵伍『ラブミッション@』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-キモオタ  受け-地味・ダサい  受け-眼鏡  特徴-社会人  ●ア行-鬼嶋兵伍  
ラブミッション@ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ラブミッション@ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2008/12/17)
鬼嶋 兵伍

商品詳細を見る


 和泉桂先生の最新刊『貴公子の求婚』をご紹介した記事に、「くりかのこ」さんから拍手コメントをいただきました。
 ありがとうございます!
 その中でも、こんなマンガがあるよと教えていただいていたのがこの一冊。
 鬼嶋兵伍先生のコミックス最新刊『ラブミッション@』です。
 収録されている表題作『ラブミッション@』が、とても素晴らしい“優等生受け”になってまして、これは大変な収穫です。

 本作『ラブミッション@』は、『麗人Bravo!』08年春号に掲載された一作です。
 いやー、もちろん雑誌掲載時にはチェックしてまして、このブログでもご紹介したくてたまらなかったんですが、当時はタイ・カンボジアへの海外出張と重なってブログ更新が滞っていた時期で、「うーん、コミックスになった時にご紹介しよう…」と先延ばししてました(笑)。
 で、いざこうしてコミックスになってみたら、相変わらず仕事が忙しくてなかなか紹介できず、発売から一ヶ月近く経った今ごろ、ようやくこうして記事を書いているという。
 遅くてどーもすいません。
 もうみなさん自分で見つけて買っちゃったですかね…。
 でも、まだの人がいたら、ぜひ読んでいただきたい一冊なので、遅ればせながら本ブログにてご紹介させていただきたいと思います。

 

[新刊レビュー]ネクラ少年受け…! 報われない恋をする者同士、慰め合わない…? 桜木ライカ『空にちょっとだけ近い場所』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-ネクラ  受け-地味・ダサい  特徴-高校生  ●サ行-桜木ライカ  
空にちょっとだけ近い場所 (シャレード文庫) (二見シャレード文庫 さ 6-2)空にちょっとだけ近い場所 (シャレード文庫) (二見シャレード文庫 さ 6-2)
(2008/05/28)
桜木 ライカ

商品詳細を見る


 “優等生受け”なBLを探す以前に、そもそも学園ものBL自体がほとんど見なくなった昨今。
 ブログ主としては非常に残念な情勢であるわけですが、それでも高校生同士の甘酸っぱいお話しが、月に2~3冊は出ていますね。
 最近のそんな学園ものの中で出色のできだったのがこの1冊。
 桜木ライカ先生の『空にちょっとだけ近い場所』です。

 読みどころは、主人公(受)のネクラさとけなげさ、そして後半、どんでん返しが起きた後に、ネクラで意地っ張りな受けキャラが素直になって“本当の自分”を見せるところがあるんですが、そこでのクラクラ来ちゃう可愛さ、そんなあたりでしょうか。
 またねー、紺色ルナ先生の挿絵がずっぽりハマってましてね…。
 何回も読み返せる名作だと思います。

 ストーリーとしては難しいお話しではありません。
 主人公(攻)・西脇賢士(にしわき・さとし)は、活発な美少年タイプの同級生、中越匡(なかこし・きょう)が好き。
 でも、中越は同級生の関川大(せきかわ・まさる)が好き。
 そんな叶わぬ恋に苦しむ西脇に、ほとんど口をきいたこともないぐらいの付き合いしかなかったクラスメイト・夏目充穂(なつめ・みつほ)が「身代わりに俺と身体を慰めあおうよ」と誘いをかけてくる――そんなお話しです。

 

[新刊レビュー]楽しみな新人マンガ家さんが登場! 『花音DX』vol.2より、内田つち『ナミダの筋をつくるのは』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  特徴-大学生  受け-地味・ダサい  ●ア行-内田つち  
花音DX VOL.2 (2) (花音コミックス)花音DX VOL.2 (2) (花音コミックス)
(2008/03/10)
不明

商品詳細を見る


 これがデビュー作だそうです!
 …同人誌とか出されてないのかなぁ。
 一作読んですっかりファンになってしまったちーけんに、どなたかご存じの方いらっしゃったら、ぜひぜひ教えてくださいましー!
 というわけで、今後が楽しみな新人(?)マンガ家さん、内田つち先生の短編マンガ『ナミダの筋をつくるのは』(『花音DX』第2号掲載)をご紹介しましょう!

 

[新刊レビュー]“平凡受け”と呼びたい一作…ネクラな優等生がやってしまった“暴挙”とは? 『LYNXアンソロジー雅』vol.4・野獣特集より、斑目ヒロ『そして僕は恋を語る』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-地味・ダサい  受け-平凡っ子  特徴-高校生  ●マ行-斑目ヒロ  
Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (4) (リンクス・コレクション)Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (4) (リンクス・コレクション)
(2008/01/24)
不明

商品詳細を見る


 “優等生受け”を熱烈推奨する本ブログで、これまで取り上げた回数が一番多い作家さんは鹿島田しき先生(7回登場)です。
 で、第2位が斑目ヒロ先生の4回なんですね~。
 斑目ヒロ先生は回数が多いだけでなく、“優等生受け”以上に貴重なネクラ受けや&キモオタ受けをバシバシ描いてくださるので、本ブログにとっては本当に貴重な存在です。

 で、今月も斑目ヒロ先生が素晴らしいマンガを描いてくださいましたよ!
 『LYNXアンソロジー雅』vol.4・野獣特集に収められている短編『そして僕は恋を語る』です!
 今回は、優等生受けテイストの“平凡受け”BL。

 

[新刊レビュー]無言…無表情…ブサイクじゃないけど美形でもない眼鏡優等生にイケメンがハマっちゃった! 『LYNXアンソロジー雅』vol.3より、斑目ヒロ『ある日突然 保健室で』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-地味・ダサい  受け-ネクラ    ●マ行-斑目ヒロ  
Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)Comic Magazine LYNXアンソロジー雅 VOL (3) (リンクス・コレクション)
(2007/11/24)
不明

商品詳細を見る


 斑目ヒロ先生が、ますます良い方向へ成長されてます――もちろん“優等生受け”的な意味で!
 8月発売のコミックス『scarlet』が評判となった斑目先生。
 表題作の『scarlet』自体は、人気モデルたちの恋模様的な華やかな世界を描いたものでした。
 ところが、コミックスの後ろのほうにひっそりと収録されていたネクラ眼鏡受けBLマンガ『ワンナイト スタンド』『俺の恋人』の2作(レビューはこちら)が言語を絶するほどの素晴らしい優等生受けマンガの傑作でして、ちーけんは一読してもうまいってしまいました。
 でも、あまりに対照的なこの2つのマンガの作風に、うーむ、このマンガ家さんの本質はどっちにあるのだろうと思っていたんですが、10月の『コミック リンクス』では再び優等生受けマンガを描かれており、今回ご紹介する『LYNXアンソロジー雅』所収の新作マンガでも、ハッキリと根暗な地味優等生受けストーリーを打ち出して来られました。
 そろそろ断言してもよいのではないでしょうか!
 斑目ヒロ先生は、“優等生受け”設定が大好きな作家さんだと!

 

[新刊レビュー]コスプレしたら美少年に!? オタクっ子優等生受けBL 井波はじめ『灼熱×インモラル』より『君が俺を惑わせたいなら』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-大学生  受け-キモオタ  受け-地味・ダサい  攻め-クラスの人気者  受け-眼鏡  ●ア行-井波はじめ  
灼熱×インモラル (光彩コミックス Boys Lコミック)灼熱×インモラル (光彩コミックス Boys Lコミック)
(2007/10/27)
井波 はじめ

商品詳細を見る


 コスプレネタありのオタク優等生受けマンガの登場です~。
 井波はじめ先生のコミックス『灼熱×インモラル』(光彩書房)所収の短編マンガ『君が俺を惑わせたいなら』です!

 なかなか自分でもコスプレをしちゃうようなオタ少年受けのBLってないんですよね。
 パッと思いつかないですもんねぇ…。
 何冊かはあったと思うんですが。
 そういう意味で本作は非常に貴重ですよ!
 ちょっと残念なのは、そのコスプレが主人公自らの意思じゃなくて妹に頼まれてしょうがなく…という点ですが、そのくらいはよしとしましょう。

 物語の舞台は大学です。
 主人公(攻)の河島は、背が高くてイケメンで女の子にもてて、でも講義はサボりがちという絵に描いたようにBLにありがちな攻めキャラです(笑)。
 そんな河島が、どうやってテスト前を切り抜けているかといえば、クラスでも目立たない眼鏡っ子・永田の講義ノートを借りてコピーさせてもらうことで、試験前の一夜漬けを何とかやっていたのでした。

 

[レビュー]これを読まずに死ねるか! イベントで出会った超名作“優等生受け”…SUNNYVALE『こいのしずく』


Category: レビュー 同人誌   Tags: 受け-地味・ダサい  受け-眼鏡  特徴-高校生  ●ハ行-ひなた  
 じつは先週の日曜日(10月7日)に、ショタスクラッチに行ってきました~。
 ショタスクラッチというのは、東京で年に2~3回開催されているショタ系の同人誌即売会です。
 とても人が多すぎてコミケは行く気にならないのですが、初夏のショタケットと、ショタスクラッチだけは行くのが習慣になってます。
 もちろんショタ系が好きだというのもあるのですが、意外にショタ系イベントには、女性の作家さんがBLっぽい本を携えて参加されているんですよね。
 今回のショタスクラッチのプログラムには、参加サークルの男女比についての調査結果が出ていました。
 なんと男女比はほぼ半々なんですね~!
 たしかに会場を歩いても、女性のサークルさんが多いです。
 女性作家さんの出されている本を見ると、バリバリの男性向けショタを描かれてる方もいますが、ショタでもやはりちょっとBLよりのものが多いように思います。
 しかも、お客の大半は男ということもあってか、みなさん内容はちょっとエロ寄りだったり。
 なので、こうしたショタ系イベントは、ホントはJ庭やコミティアに参加して思いっきりBL系同人誌を漁りたいけど、男1人で行く勇気がないので一度も行ったことがないちーけんにとっては、BL系同人誌の重要な供給源にもなってます(笑)。
 ショタもBLも好きなちーけんにとっては、大変ありがたいイベントというわけです。
 今回もかなり充実した“戦果”をあげて大満足だったのですが、夕方から仕事だったので、そのまま大量のショタ同人誌をリュックで背負って会社に出社したことは、もちろん同僚たちには秘密です(笑)。

 というわけで、今回は本ブログ史上初めて(ってもまだ3ヶ月ですが…)、同人誌をご紹介しちゃいます。

 この本を買えただけでも、ショタスクラッチに行った甲斐があったと、1週間経った今でも感動冷めやらぬ優等生受けマンガ、サークル・SUNNYVALE(サニーベール)さん発行の『こいのしずく』です~!

 

[雑誌レビュー]優等生受けが豪華2本立て!? 『コミックリンクス』vol.16より、斑目ヒロ『かわいい悪魔-接触-』、九重シャム『ストロベリーサウンド』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-地味・ダサい  受け-キモオタ  攻め-クラスの人気者  ●マ行-斑目ヒロ  ●カ行-九重シャム  
Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2007年 11月号 [雑誌]Comic Magazine LYNX (コミックマガジン リンクス) 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/09)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
 ブログもやってみるものですね。
 記事のネタ探しになればと、このブログのために1年ぶりくらいで買ったコミックリンクスが、今月はプチ優等生受け祭りでしたよ!
 もちろん、ちーけんが勝手に認定してるだけですが…。
 その中でも刮目すべき2作品をご紹介しておきます~。

 まずひとつめ。
 8月発売のコミックス『scarlet』の中で、素晴らしい優等生受けマンガを描いてくださった斑目ヒロ先生。(前作のレビューはこちら
 唯一、それが学園ものではなかった点だけが残念だったんですが(サラリーマンものと大学生ものでした)、ついに今回やってくれましたですよ。
 今月号のリンクスで描かれている短編『かわいい悪魔-接触-』は、もう堂々の学ラン着用マンガ、しかも超“優等生受け”でした!(感涙)

 なんといってもまずキャラのビジュアル!
『scarlet』所収の短編で描かれていた優等生受けマンガでも、片や眼鏡のネクラくん、片や社交性ゼロのオタクくんという受けキャラを登場させていた斑目先生ですが、今回はもう優等生も優等生、学ランは一番上のホックまできっちり、眼鏡着用、髪型は七三or八二ぐらいのきっちり分け、クラスメイトと話すときの一人称は「僕」という典型的な優等生が登場です。

 しかも今回のお話しは、すごく短いんですが、読者がびっくりする大どんでん返しが仕掛けられています。

 

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。