ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[レビュー]ヴィクトリア朝英国…神学校を舞台に、生きることに飽きた高位悪魔と無気力な優等生が惹かれあい… かわい有美子『天国より野蛮』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  受け-高潔な優等生  受け-努力家  特徴-ファンタジー  ●カ行-かわい有美子  
天国より野蛮 (リンクスロマンス)天国より野蛮 (リンクスロマンス)
(2010/05)
かわい 有美子

商品詳細を見る


 月末のBL新刊ラッシュで嬉しい悲鳴を挙げてるブログ主です。
 いい作品揃いですわ~。
 どれもレビューを書きたくなってしまい困るのですが、やはり当ブログの本旨に立ち返り“優等生受け”な一作ということで、かわい有美子先生の最新刊『天国より野蛮』をご紹介させていただこと思います!

 …って、なんかこのタイトル見たことあるなと思ったら、小林蒼先生がラピス文庫で12年前に同名のBL小説を出されてましたね。
 懐かしいな~。
 さらに元をたどると、中谷美紀さんのシングルCDがその1年前に出ているようですが、もちろん一般芸能界に興味のないオタ野郎のブログ主ですので、そっちのほうは知ったこっちゃありません(笑)。
 ちなみに、小林蒼先生のほうの『天国より野蛮』も名作です…それも“優等生受け”の!
 当時のブログ主はもうむさぼるように読み返したものです(しみじみ)。
 ああ、やばい、いま本棚から引っ張り出して中を見たら、腰を据えて読み返したくなってきてしまった~。
 こちらもいつかこのブログでレビューを書く予定ですが、とりあえず今日はかわい有美子先生の新刊のほうの『天国より野蛮』をレビューさせていただきます!
 とても傑作だと思いますが、じつは本書にはひとつだけ大変な欠点があります。
 そのあたりは後ほど…。
 ますはストーリーをご紹介していきましょう。

 

[レビュー]デビュー作に続き、へたれ駄目男攻め(外見は超俺様デキる奴)×けなげで頑張り屋さん受け…シリーズ化希望! 樋口美沙緒『愛の巣へ落ちろ!』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-ファンタジー  受け-努力家  受け-成績優秀  ●ハ行-樋口美沙緒  
愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)
(2010/04/20)
樋口 美沙緒

商品詳細を見る


 長年BLを読んできて、作家さんごとのこだわりというか「究極命題」とでもいうべきものがあるなぁと思うようになりました。
 別の言い方をすると「原風景」?
 この作家さんはこれを描かずにはいられない…というものが、必ず一つはありますよね。
 大抵の場合、それは作家さんのデビュー作の中に色濃く出ていますが、例えば島あさひ先生や藤崎こう先生だったら「圧倒的な存在感を放つ帝王のような攻め」だったり、遠野春日先生だったら「凛として孤高の美貌なインテリ受けキャラ」だったり、木原音瀬先生だったら「自己中心的で友達がいなくてひとりぼっちな嫌われ者」だったり、水島忍先生だったら「けなげに頑張る男子高校生」だったり、それぞれの作家さんのそーゆーものがあると思うわけです。

 昨年、花丸文庫で、ヘタレな貴族のボンボン×けなげな従者っ子というカプのデビュー作『愚か者の最後の恋人』を出された樋口美沙緒先生の2冊目となる最新刊『愛の巣へ落ちろ!』が先月発売されたのですが、ブログ主は一読してニマニマしてしまいました。
 樋口美沙緒先生がBLで書きたい“究極命題”はこれか! と思って。
 中世ヨーロッパに範を求めたファンタジーだったデビュー作と違い、本作は昆虫と人類が融合した巨大隕石落下による文明滅亡後の地球と思しき、昆虫擬人化学園ものファンタジーとでもいうべき舞台設定になっていますが、そこで描かれている主人公2人の姿は、デビュー作での2人とかなり通じるものがあったのでした。
 一読み手の感想としては、こーゆー芯がある作家さんのほうが生き残っていく率が圧倒的に高いと経験的に感じているので、大変喜ばしいことだと思ってます(笑)。

 樋口美沙緒先生のデビュー作『愚か者の最後の恋人』については当ブログですでにレビューさせていただいているので、そちらをご参照いただくとして、まずは最新作『愛の巣へ落ちろ!』をゆっくりとご紹介していくといたしましょう!

 

[新刊レビュー]本年度“優等生受け”BLゲロ甘部門第一位の呼び声も…(笑) 凛紫水『桜霞の神隠し』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-王子さま・貴族  受け-真面目・カタブツ  受け-努力家  特徴-ファンタジー  特徴-歴史もの  ●ラ行-凛紫水  
桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)
(2009/05/20)
凛 紫水

商品詳細を見る


 当ブログは“優等生受け”推奨ブログなわけですが…。
 “優等生受け”に萌え萌えしてしまう一つの理由として、これまでエロいことを嫌悪してきた真面目っ子が初めて知ったエッチの快感に夢中になっちゃっうのが可愛いすぎるというのがあるように思いますが、みなさまいかがでございましょーか(笑)。
 これね、単にエロいことを知らなかったというんじゃダメなんです。
 だから、ぽややん無垢っ子受けには、ブログ主は全然萌えません。
 そうではなくて、外見は真面目な優等生で規則とかうるさいのに、じつはエッチなことに興味津々というのがイイわけですよ。
 でも、本人は自分は優等生だというプライドがあるから、おくびにもそんな様子は見せないという。
 ボーイズラブの世界では、そんな彼にも愛する人ができて夜ごと愛の行為(笑)に励むようになったり、はたまたいじめっ子に捕まって強制的に快感を覚えさせられちゃったりする時が必ず来ます。
 その時、「イ、イヤらしい行為に興味などない!」という“優等生の仮面”を強制的に脱がされ、素直に快感に喘いじゃう優等生というのが、「ああっ、ダメ…、でも気持ちいい…!」という二律背反な部分と相まって、ブログ主の心を大変震わせてくれるわけですよ。

 で、以上のことから、エッチなことをされちゃう優等生クンは、そうなる前は真面目でカタブツであればあるほど美味しいという結論が導かれるわけですね(笑)。

 先月発売の花丸文庫の一冊を読んでいたら、そんなBL小説に出会ってしまいました。

 凛紫水(りん・しすい)先生の商業誌デビュー作、『桜霞の神隠し』です~。

 

[新刊レビュー]「こんな顔は二人といない」とまで言われちゃうブサイク少年が色街に身を沈め… Hシーンも「感じてくれて嬉しい…」みたいな感じで超いじらしいです(笑) 和泉桂『~桃華異聞~宵闇の契り』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-不細工・ダサい  受け-努力家  受け-いじめられっ子  特徴-歴史もの  特徴-ファンタジー  ●ア行-和泉桂  
宵闇の契り―桃華異聞 (幻冬舎ルチル文庫)宵闇の契り―桃華異聞 (幻冬舎ルチル文庫)
(2008/12/11)
和泉 桂

商品詳細を見る


 昨年暮れに、平安時代のブサイク貴族が間違えて男の家に嫁入りしちゃって…というキモオタ受けBL『貴公子の求婚』をご紹介してからわずか1ヶ月…。
 またもや和泉桂先生の最新刊をご紹介することになりました。
 今回はルチル文庫から発売された『~桃華異聞~宵闇の契り』です!

 じつはこれ続き物の第2弾ですが、ストーリー上は完全に独立しているので、まったくこれ一冊で読めます。
 舞台が同じ中国風の仮想世界の遊郭という設定ですが、1作目のキャラはちょこっと顔を出すぐらいで、第一作を読んでいなくてもまったく問題ありません。

 

[新刊レビュー]今年下半期最大の注目コミックス! ブログ主は変なポイントに劇萌えしてしまいました…すいません! 山中ヒコ『初恋の70%は、』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  特徴-高校生  受け-努力家  ●ヤ行-山中ヒコ  
初恋の70%は、 (ディアプラスコミックス)初恋の70%は、 (ディアプラスコミックス)
(2008/09/30)
山中 ヒコ

商品詳細を見る


 この2週間チョイ、まったく休みがないので、華麗なる独身貴族の…って、今時そんな言葉使うのはオッサンくさいですが、寂しい一人暮らしを絶賛継続中のブログ主宅は、掃除が行き届かずに超汚いことになってます。
 まず脱いだものがそのへんに散乱。
 掃除機かけてないので廊下には埃がうっすらと…。
 あと食べたコンビニ弁当の残骸がテーブルの上に山積み。
 昨日もひどかった~。
 朝まで働いて、「はー、ようやく家帰って寝れる。起きたら掃除しよう」と思ってたら、朝の8時くらいに上司が「ちーけんクン、悪いけど製品の最終チェック、これから付き合ってくれない?」と。
 どこまで働かせるんだと(笑)。
 ちーけんは現在のところ正社員として働いていますが、明らかにこの5年ほどで労働環境が劣悪なものに変わってきているのが身に沁みてわかります。
 行きすぎた規制緩和、ヨクナイ!
 …というわけで、来るべき総選挙では、ブログ主は労働法制の規制強化を掲げている民主党or社民党or共産党のどれかに投票する予定です(笑)。
 早く体制が変わらないと、もうカラダが持たないよー!

 と、読者のみなさまには何の関係もない私生活の愚痴から始まるとは最低もいいところですが、今年下半期もっとも注目されるコミックスの一つでありましょう、山中ヒコ先生の初めての作品集『初恋の70%は、』が発売されました!
 ブログ主は、蟹工船、いや女工哀史なみに辛い労働の日々も、あと○日間働けば山中ヒコ先生のコミックスが出る…と思って、それだけを心のよすがにして耐え抜きましたよ!(やや大げさ
 つーか、これを読んで「つまらない」とか「ドキドキしない」と感想を言う人はよほどのつむじ曲がりではなかろうかという絶対のオススメ本です!

 でも。

 

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電