ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]主人公・楓は自分の性格が大嫌い。そして、そんな気持ちを逆撫でする幼馴染みが11年ぶりに戻ってきて… 雨隠ギド『犬とつばめ』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-コンプレックス持ち  受け-地味・ダサい  特徴-幼馴染み  ●ア行-雨隠ギド  
犬とつばめ犬とつばめ
(2012/01/06)
雨隠ギド

商品詳細を見る


 この年末年始、ずっとこの本のレビューを書こうと思って四苦八苦してました。

 雨隠ギド先生の新刊『犬とつばめ』です!

 コミックスの帯を見たら、BLだけではなく、他のジャンルでも雨隠ギド先生のコミックスが同時発売され、出版社をまたいだちょっとしたフェアになってるんですね。

 でも、どうにもうまくレビューを書けなくて、もう気がつけば2月も目の前です。 

 このコミックスの版元は、あの「まんだらけ」です。
 オタ関係専門の古本屋である「まんだらけ」は、何年か前に出版事業も始めていて、BLでは『エディス』というアンソロを半年に1回くらい出しています。
 BLを読む人でも、『エディス』は存在すら知らない人も結構いそうな…というくらい、あまり本屋では見かけないアンソロジーです。
 でも、学園ものに特化してる素晴らしいアンソロなんですよ!
 非常に淡いというか、趣味的(笑)というか、ちょっと不思議な味がある作品が並んでいます。
 今日ご紹介する『犬とつばめ』も、この『エディス』で連載されていました。

 本作を当ブログでご紹介したくなる理由は2つです。

 

スポンサーサイト

[レビュー]マンガを描くのが趣味な、でっかい眼鏡のオタクっ子に、なぜかクラスの人気者が接近してきて!? 高将にぐん『放課後カタオモイ』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-高校生  受け-眼鏡  受け-オタク  受け-地味・ダサい  受け-コンプレックス持ち  攻め-クラスの人気者  ●タ行-高将にぐん  
放課後カタオモイ (ダリア文庫)放課後カタオモイ (ダリア文庫)
(2012/01/13)
高将 にぐん

商品詳細を見る


 仮にも“優等生受け”大好きブログとか銘打ってる以上、この作品を取り上げないわけにはいきますまい…!
 高将にぐん先生の最新刊『放課後カタオモイ』です!

 何が素晴らしいって、イケメンとオタクっ子という、主人公2人のあまりに対照的なキャラ設定と、そしてその2人が恋愛的な意味でどうにかなっちゃうという関係性が、まず“神”ですよ!
 早速ですが、本文からそれがよくわかる部分を引用してみましょう。

 

[レビュー]乙女男子受けで逆体格差! 「王子様」と呼ばれる優等生が、ちびっ子同級生に可愛がられちゃう! 三島一彦『王子様100%』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  受け-成績優秀    受け-コンプレックス持ち  受け-ネクラ  受け-乙女男子  ●マ行-三島一彦  
王子様100% (あすかコミックスCL-DX)王子様100% (あすかコミックスCL-DX)
(2010/11/01)
三島 一彦

商品詳細を見る


 花とゆめコミックス『オトメン(乙男)』の大ヒットで、この数年にわかに二次元の世界で市民権を得た感がある“乙女男子”ものですが、BL界での単行本の形での第一号は、『オトメン』に先立つこと数年、2002年にアイスノベルスで発行された砂原糖子先生『ミスター・ロマンチストの恋』でありましょう。

 テニス部のエースで生徒会長も務める優等生な主人公(受)が、じつは少女マンガ大好きで星占いを気にしては可愛いキーホルダーを学生カバンに下げたりする乙女男子で、でも普段はそんな自分を恥じて必死に隠してというお話でした。
 その後、2008年には高月まつり先生の『ロマンティックは裏切らない』というプリズム文庫発行の作品も登場しました。
 こちらの主人公(受)は、コワモテな外見で学校中から恐れられているけれど、じつは電車で隣に座った女子高生たちの会話に心をときめかし、スワロフスキーのキラキラに憧れ、レースのいっぱいついたピンクのお洋服を着てみたいと願う乙女男子(笑)。
 なんと身長は180センチあります。
 なよなよしてるどころか、“男の中の男”といわれるようなコワモテです。

 少女マンガの世界でのオトメンたちが最後は格好良くて男らしいところを見せて女の子とハッピーエンドになるのに比べて、彼らBL界の“乙女男子受け”主人公(受)たちは、まったく違う様相を見せてきました。

 

[レビュー]戦国時代の小姓、それもけなげで真面目で優等生な小姓の恋… 時逆拾壱『愛のかけ橋』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-歴史もの  受け-真面目・カタブツ  受け-コンプレックス持ち  ●タ行-時逆拾壱  
愛のかけ橋 (ジュネットコミックス) (ジュネットコミックス 総天然色シリーズ)愛のかけ橋 (ジュネットコミックス) (ジュネットコミックス 総天然色シリーズ)
(2010/06/21)
時逆拾壱

商品詳細を見る


 ジュネットから「オールカラーコミックス」なるものが創刊(?)されました。
 表紙や口絵だけでなく、中のマンガまで一冊まるまるフルカラーです。
 こーゆー外面的に(?)派手なタイプのものって、昔なつかしいバブル景気のころ、さまざまな分野で発売されていた気がしますが、いやー、世界同時不況真っ只中の平成日本で、こんなものが出てくるとは…。
 お値段は税込み770円。
 やっぱり微妙にお高いんですが、さてこのシリーズは以後も続いていくのでしょうか。
 全ページフルカラーということで、マンガ家さんの負担は並大抵ではないような気がするんですが…。

 さて、この「オールカラーコミックス」の第一号として発売されたのが、時逆拾壱先生の最新刊『時代耽美 愛のかけ橋』です。
 上に載せたのが、amazonでの表紙画像。
 さかもと麻乃先生だ、古街キッカ先生だと「ニューウェーブ系BL」が席巻する今のBL界で、ともすると「古くさい」と言われてしまうような雰囲気の一冊ですが、こーゆー「BLの基本形」はやっぱりいいですよね(しみじみ)。
 構えずにゆったり読めますよ(笑)。
 時逆拾壱先生の描かれるマンガは、絵柄によく似合うレディコミとか昼メロとかの味が色濃く漂っていまして、感覚としてはやっぱり昭和です――と思ってカバー裏の「作者コメント」を拝見したら、「1970年代、80年代の歌謡曲にはまってます」と自ら書いてらっしゃいました。
 わかるなぁ~(笑)。
 まずセリフが大仰で、いちいち時代がかってます。
 善悪の区別がはっきりしていて、基本はわかりやすい勧善懲悪。
 悪役たちもとってもわかりやすく悪役で、真面目で素直な主人公を妬んだり逆恨みしては、害をなそうと襲いかかってきます。
 もちろん絵もごらんのとおりの昭和的な「濃い」絵柄。
 でも、これが魅力だと思うんですよね。
 ぐじぐじした現代っ子の細やかな心情を描く「ニューウェーブ系BL」とは違った、ストレートでプリミティブなBL。
 かつてのレディコミや、90年代の秋田書店系少女マンガと近接する、こーゆー古典的メロドラマなBLをもっと読みたいなーとブログ主などはいつも思っていますが、古くは矢萩貴子先生以来、あまり活躍される作家さんが出てきません。
 時逆拾壱先生はこの分野の期待の星!
 そんなわけで、最新刊『愛のかけ橋』をさらっとご紹介させていただこうと思います。

 

[レビュー]真面目な年上リーマンが年下ヤンキーにからかわれ、いじめられ、最後は快感に悶えさせられて涙ぽろぽろ! エンゾウ『かわいさ余って何かが百倍』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-年下攻め  受け-真面目・カタブツ  特徴-社会人  攻め-不良  受け-ネクラ  受け-コンプレックス持ち  ●ア行-エンゾウ  
かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)かわいさ余って何かが百倍 (アクアコミックス)
(2010/05/12)
エンゾウ

商品詳細を見る


 なんだか気づいたら最近BL小説のレビューばっかりでした…。
 というわけで、ということもないんですが、今日はBLマンガのレビューなどを。
 アクアコミックスの最新刊から、エンゾウ先生の初コミックス『かわいさ余って何かが百倍』です!

 いまこうやってまったくの新人さんのコミックスを精力的に出してくれるのは、アクアコミックスぐらいじゃないですかねぇ。
 このエンゾウ先生の初コミックスも、収録されているのは携帯BLマガジン『アクアBLキングダム』の掲載作ばかりなので、紙媒体の商業誌でエンゾウ先生のマンガが発表されるのは、このコミックスが初めてということになります。
 そーゆー思い切ったラインナップで勝負してくれるBLレーベルが本当に少なくなった昨今、アクアにはもっともっと頑張ってほしいと思うブログ主です。

 本作は収録されてるBLマンガがイケてるのはもちろん、後書きとして描かれた3ページのマンガが、マンガ表現として極めて滋味に溢れた仕上がりになってまして、ぶっちゃけこれだけでもエンゾウ先生の才能の豊かさを感じてしまうわけですが、すでにエンゾウ先生は同人界では活躍されていたところ、アクア編集部から「オリジナル描きませんか?」とお誘いを受けたというのがデビューのきっかけらしいです。

 

[レビュー]自称「学校一のモテ男」の前に現れた真・モテ男子! あっという間に陥落させられた主人公は、恋の苦しさを知り… 柚摩サトル『フィジカル・レッスン』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-高校生  攻め-クラスの人気者  受け-自信家  受け-コンプレックス持ち  ●ヤ行-柚摩サトル  
フィジカル・レッスン (GUSH COMICS)フィジカル・レッスン (GUSH COMICS)
(2010/01/09)
柚摩 サトル

商品詳細を見る


 いやもう本当にこの1冊は素晴らしかったです。
 きゅーんとしすぎて、胸が押しつぶされるかと思いました。
 今でも肋骨が2、3本折れている気が…(マジ)。
 BLはファンタジーというのは最近よくいわれる言葉ですが、現実では絶対に「ありえない」設定のお話の中で、これだけ読者の胸を引き絞ってくれる柚摩サトル先生の作家としての力量は、やっぱり脱帽せざるをえません!
 この1冊は、未来永劫ブログ主の本棚から消えることはないでせう…。

 …といっても、最近の主流ともいえる木原音瀬先生的な“リアリティ”をBLに求める向きには、たぶん本作は面白くもなんともないかと。
 いわゆる「マンガちっく」な、現実ではありえない、軽~い設定のお話ですから。
 でも、ブログ主にとっては、これこそがBL! であります。
 だって、もう胸が苦しくて死ぬかと思ったんだもん!!!

 そんな感動をちょっとでもお伝えできればいいのですが、以下、ストーリーをご紹介できれば…と思います!

 

[レビュー]“ブサイク受け”にまた傑作! 容姿に劣等感いっぱいのカワイコちゃん(?)が、トップモデルに愛されちゃう 森本あき『カリスマモデルと秘密の恋人』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-眼鏡  受け-不細工・ダサい  攻め-クラスの人気者  特徴-社会人  受け-コンプレックス持ち  ●マ行-森本あき  
カリスマモデルと秘密の恋人 (プリズム文庫 ma-)カリスマモデルと秘密の恋人 (プリズム文庫 ma-)
(2009/09/19)
森本 あき

商品詳細を見る


 ふい~。
 さっきまで地元の20年来の付き合いの悪友(?)7人でひっさしぶりに酒を飲んでおりました。
 バラバラではたまに会ってもいるんですが、全員で会うのは、ホントに久しぶり。
 てか、「悪友」という言葉自体がすでにおっさんぽいんでしょうか…(笑)。
 中学時代に出会って以来、よくもまあ付き合いが続いてるもんだと我ながら感心しますが、7人中結婚してるのはわずか3人。
 そりゃ少子化にもなるよなという(笑)。
 まったく気を遣わないでいいので、楽しい飲み会でありました。
 ぶっちゃけ、こういう友達がいることは、自分の人生でも最大の幸運のひとつだなぁと年を喰うにつれ強く思うようになりました。

 さて、ヤツらは明日から連休なのでグイグイ酒を飲んでましたが、ブログ主は仕事です。
 辛い~。
 また当分ブログの更新も滞りそうなんで、多少酔っぱらった状態ではありますが、レビューを書いておこうと思いまする~。

 とくに説明もいらないだろう人気作家、森本あき先生の最新刊『カリスマモデルと秘密の恋人』です!

 

[新刊レビュー]人と触れあえず目を合わせられないオドオドしっぱなしのネクラくんが「治療」と称して開発されちゃう! 『花音』09年6月号より、おりおりお『タッチ ミー』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-眼鏡  受け-ネクラ  特徴-高校生  受け-コンプレックス持ち  特徴-幼馴染み  ●ア行-おりおりお  
花音 2009年 06月号 [雑誌]花音 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/14)
不明

商品詳細を見る


 ブログ主が大好きなおりおりお先生が、またもや『花音』で素晴らしいマンガを描いてくださいました。
 でもたったの8ページ…(グスン)。
 嬉しいんだか悲しいんだかという複雑な気分ですが、みなさんにもぜひ読んでいただきたい傑作小品『タッチ ミー』をご紹介させていただこうと思います。

 まず何が素晴らしいって、主人公(受)のルックス&性格設定ですよ。
 ダサい眼鏡にボッサボサの重たい黒髪。
 そんなルックスの上に、いつも下を向いてオドオドしてるという。

 ……。
 ……。
 ぶはっ…!!!!!(超吐血)

 やばい、超ツボです(笑)。

 

[新刊レビュー]「僕のこと可愛いって言ったくせに…!」なんてお姫さまな受けキャラが呟いちゃいます! 夏水りつ『犬も走って恋をする』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-女王さま  受け-コンプレックス持ち  特徴-大学生  ●ナ行-夏水りつ  
犬も走って恋をする (花音コミックス) (花音コミックス)犬も走って恋をする (花音コミックス) (花音コミックス)
(2009/02/28)
夏水 りつ

商品詳細を見る


 いやー、もともと性格がアマノジャクなので、他のみなさんも絶対褒めるだろうというBL本はご紹介したくないんですが(笑)、これは書かずにいられないということで、たぶんとっくにバカ売れしてるであろう夏水りつ先生の最新刊『犬も走って恋をする』を今回は取り上げさせていただこうと思います。

 本巻は続き物の2冊目です。
 でも心配ご無用。
 これからご紹介するとおり、この1冊で読みきりとして十分読めますので、どうぞ買おうかどうか迷ってる方は本屋へゴー! です。

 というのは、このコミックス、前半と後半で主人公が入れ替わるんです。
 コミックス前半は、前作『犬も歩けば恋をする』で主人公だった2人が、そのまま主人公として活躍しています。
 前作を読まれている方はご存じと思いますが、人気官能小説家で眼鏡な攻めキャラ・今井頼友と、けなげで可愛い大学院生・小山(あっくん)がその2人です。
 そして、前作で結ばれたこの2人のラブラブな後日談が、今回のコミックスの前半には収められているんですね。

 なので、前巻を読んでないと、今回のコミックスの前半はあまり面白くないわけですが、このなかで、攻めキャラ・今井の弟クンが、2人のお邪魔虫として出てくるんです。
 そして、コミックスの後半では、このブラコンな弟キャラ・今井勝頼(いまい・かつより)が、主人公(受)に昇格するんですね!
 以後は、この勝頼が主人公の新ストーリーになるので、前巻を読んでない方でも問題なく楽しめるというわけです。 

 

[新刊レビュー]自分と違って女子にモテモテな攻めキャラのことを大嫌い! なはずの受けキャラが思いっきり可愛がられてます(笑) 国枝彩香『耳たぶの理由』


Category: レビュー コミックス   Tags: 特徴-大学生  受け-コンプレックス持ち  攻め-クラスの人気者  ●カ行-国枝彩香  
耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)耳たぶの理由 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/02/17)
国枝 彩香

商品詳細を見る


 え~、今日はどの本をご紹介しようか結構迷いました。
 というのも、設定はすんごく“優等生受け”なんだけど、正直あんまり面白くなかった本をご紹介しようか、それともそれほど“優等生受け”とかじゃないんだけどマンガとしてはずば抜けて面白かった本をご紹介しようかと。
 ブログ主の脳内会議の結果、やっぱり面白い本をご紹介しなきゃしょうがねぇだろ! ということで、今日は国枝彩香先生の最新刊『耳たぶの理由』をレビューさせていただこうと思います!

 国枝彩香先生といえば、今では堂々たるBL界の大人気作家でいらっしゃいますが、ご存じの方も多いとおり、もともとは集英社の女性向けマンガ誌『ヤング・ユー』で「坂井久仁江」というお名前で少女マンガを描いていらっしゃった方です。
 ブログ主は、腐男子に転身(?)する前はズブズブの少女マンガオタクでありました。
 大学生だったころはとにかく毎日少女マンガを読んで過ごしてまして、当然、その坂井久仁江先生のマンガもその中に入っていたわけです。
 で、じつは坂井久仁江先生は結構好きな作家さんだったので、コミックスもほとんど揃えていたんですよ。

 ところが…。

 

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。