ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]ゆりの菜櫻『月と海賊』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-王子さま・貴族  受け-女装  特徴-ファンタジー  ●ヤ行-ゆりの菜櫻  
月と海賊 (二見シャレード文庫 ゆ 1-4)月と海賊 (二見シャレード文庫 ゆ 1-4)
(2007/07)
ゆりの 菜櫻

商品詳細を見る


 シャレード文庫の新刊です。
 じつはあまり読んだことがない作家さんなのですが、“王子さま受け”ということで、買ってみました。

 まずは裏表紙のあらすじをご紹介。

 フランス公爵令息のセシルは政略結婚で恋人を奪われた悲しみをいやすため、軍艦アフロディーテ号の処女航海に乗り込む。
 ところが艦が商船のふりをしたイギリス海賊に襲われ、セシルは乗組員共々捕虜となってしまう。
 敵の船長は、海賊とは思えない豪奢な衣装に身を包んだ銀髪の美男・アレックス。
 反抗するセシルを自らの「所有物」と宣言するが、女人禁制の船で所有物といえば、その意味するところは一つ。
 略奪行為を生業にする粗暴な輩でありながら、アレックスの指先はセシルが体験したこともない快楽を与えてきて…。
 そして不敵な言動の裏に秘められた彼の心の闇を知ったセシルは、身も心も彼の虜になってしまうが…。
 大航海時代を舞台にしたヒロイック・ラブストーリー!

 主人公セシルは、蝶よ花よと育てられ、まったく世の中の厳しさを知らないまま大きくなった、典型的な貴族のボンボンです(笑)。
 よくいえば純真無垢なんですけれど。
 乗り込んだ軍艦が海賊に拿捕され、捕虜となったところから物語はスタート。
 海賊船の船長・アレックスとの恋物語がストーリーの柱ですが、ここでは“優等生受け”の醍醐味のひとつであります“屈辱に震える王子さま”なシーンだけご紹介しておこうと思います。

 

スポンサーサイト

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。