ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]自尊心を捨て懇願させられる優等生…村治夜明『囚われの蜘蛛』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-ガリ勉  特徴-兄弟もの  ●マ行-村治夜明  
囚われの蜘蛛囚われの蜘蛛
(2007/09/28)
村治 夜明

商品詳細を見る
 本屋で新刊を買うとき、今はみんなビニールカバーをしてあるので、中身がわからなくて困ります。
 だいたい表紙のイラストで買うのですが(小心者な腐男子には、店頭で本の裏表紙のあらすじをじっくり読むなんてことは恥ずかしくて無理!)、見分けにくいのが、“優等生受け”と“無気力天才受け”ですよ。

“無気力天才受け”とはですね、能力、才能、成績抜群で何不自由なく育てられた主人公が「こんな世の中つまらねぇ…」と表では優等生の顔をして親や教師を騙しながら、裏では遊びまくったりじつは裏の世界のヘッドだったりして…というキャラ設定のBLのことです。
 困ったことに、キャラ設定の外見上は、優等生受けと見分けがつかないんですよ。
 なので、表紙イラストで「あ、優等生受けっぽい!」と思って買ってみても、中身は“無気力天才受け”だったりして、がっかりすることがあります。

“優等生受け”に興味がない人からすれば、「どっちだって似たようなもんだろ!」と怒られそうなのですが(笑)、“優等生受け”好きにとっては、全然違うんですよ!
 いつも必死に頑張っていて、その築き上げた自分の世界(成績だったり、生徒会長という地位だったり、親から褒められるという日常だったり…)を崩されたくなくてビクビクと毎日を過ごしているのが本当の優等生くんであって、「所詮オトナどもなんてこの程度なんだ…。こんな腐った社会、ぶっ壊れればいいんだ!」とか、一歩間違うと盗んだバイクで走り出しそうな、世間をナメた態度で毎日を過ごしてる“無気力な天才”ってのは、本物の“優等生”とはまったく別物なのです。
 いやまあ、そんな世間をナメた生意気な天才くんが、「お前、オトナを舐めるなよ」とか言われて犯されちゃうのもそれはそれですごく読みたいですが(ヨダレ)、でもそれは決して“優等生受け”ではありません。

 本作『囚われの蜘蛛』(ラピスモア文庫・イラスト=霜月かいり)は、ちゃんとした“優等生受け”ですが、表面的なキャラクター設定などは、限りなく“無気力天才受け”に近いものがあります。

 

スポンサーサイト

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。