ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]ついに完結! 読者の胸を極限まで絞りきる驚異のメロドラマ!(でもハッピーエンド) 明治カナ子『三村家の息子』シリーズ


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-真面目・カタブツ  受け-成績優秀  特徴-高校生  特徴-大学生  ●マ行-明治カナ子  
三村家の息子 (ミリオンコミックス Hertzシリーズ)三村家の息子 (ミリオンコミックス Hertzシリーズ)
(2005/08/19)
明治 カナ子

商品詳細を見る


 自分でも気取ってるなと思うのですが、ブログ主は素晴らしいマンガを読み終わった後、本を閉じながら、つい呟いてしまいます。

「これがマンガなのだ!」

 と(笑)。

 最後のページを読み終わった瞬間に去来する物狂おしいまでの感情の嵐。
 「ああ、読み終わってしまったのだ」「もう二度とこの世界に戻ることはできないのだ」という喪失感。
 これほどまでに俺さまの胸を揺すぶるお前はなんなのだ、そうだ、これこそマンガなのだ――、まあそういう気持ちでつい呟いてしまうわけですな!

 といっても、ご存じの方もいると思いますが、この台詞は、作家の北杜夫さんが書かれた戦後文学を代表する小説『楡家の人びと』を、三島由紀夫が激賞した際に吐いた名文句「これが小説なのだ」をパクったものです(笑)。
 あまりに名文句すぎて、つい口ずさんでしまうのです。
 三島先生、すいません(笑)。

 長年、ブログ主はこの巨大な感動を少女マンガからしか得ることができず、中学時代から少年マンガ、あえて一例を挙げればドラゴンボールなんか目もくれずに『花とゆめ』や『LaLa』、『少女コミック』に『りぼん』などを読み続けてきたわけですが(恥)、それがこの10年ほど、BLマンガにずっぽりハマっていたのは、みなさまご承知のとおりです。
 今回、その中でも超弩級に胸を揺さぶられるマンガが完結しました。
 たぶん他のブログさんなどでも激賞の嵐であろう明治カナ子先生の傑作『三村家の息子』シリーズです…!

 

スポンサーサイト

[新刊レビュー]さかもと麻乃先生が新連載! 石田育絵先生の優等生受けマンガは急展開! 明治カナ子先生の『三村家の息子』シリーズも絶好調! 『HertZ』vol.23その他のマンガレビュー


Category: レビュー 雑誌   Tags: ●サ行-さかもと麻乃  ●ア行-石田育絵  ●マ行-明治カナ子  
HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2007/12/01)
新田 祐克西村 しゅうこ

商品詳細を見る


 さてさて、前記事にてご紹介した松本ミーコハウス先生の優等生受けBL『恋のまんなか』以外の『HertZ』vol.23掲載作について、さらっとお知らせしておきましょー。
 あ、もちろん優等生受けBLしかご紹介しませんので、あしからず。

 まず嬉しいことに、さかもと麻乃先生の新連載が始まってます!
 ぴーひゃらら~。←嬉しさの表現です
 全寮制っぽいミッション系の高校を舞台にした学園もの+ちょっとミステリーちっくな謎が絡んだストーリー・。
 今回は第一回ということで、キャラの紹介程度で終了してますが、主人公・真白楓(ましろ・かえで)が何とも危うく、受けキャラとして魅力的なこと!

 

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。