ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]口下手な天才スポーツ少年が、眼鏡で真面目な「読書研究部」部長に一目惚れ! 三季貴夜『耳をふさいで 瞳をとじて』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-生徒会長・委員長  特徴-高校生  特徴-年下攻め  ●マ行-三季貴夜  
耳をふさいで瞳をとじて耳をふさいで瞳をとじて
(1996/10)
三季 貴夜

商品詳細を見る


 昔の“優等生受け”BLは、主人公が眼鏡クンでも、なかなかそのままでは表紙に登場させてくれませんでした。
 よくて、眼鏡を外して手に持ってる状態。
 ちーけんは一人で怒っていたものですよ。

「眼鏡優等生が表紙だと売れないなんて誰が決めたんだよ! チクショウ! チクショウ…」(やや大げさ)

 眼鏡男子ブームとか言われて、まったく“表紙眼鏡”がタブーじゃなくなった今では考えられないことでしたが、ホントに昔のBLでは表紙に眼鏡クンが登場すること自体、極端に少なかったわけです。
 今回ご紹介するこの本、三季貴夜先生のBL小説『耳をふさいで瞳をとじて』(ショコラノベルス)も、そんなころの作品。
 96年10月の発行日になってますから、商業作品としてはかなり早い段階での“優等生受け”BLだったわけですが、当時の状況を考えると、そもそもこんな“優等生受け”な内容で本が出たこと自体が奇跡。
 やっぱり表紙では、主人公である北都学院高校3年生の読書研究部部長・桜井公彦(さくらきみひこ)は、ストーリー中ではずっとかけている眼鏡を外されての登場になっていますが、それもしょうがないことと言えましょう。

 …それにしても「読書研究部」ですよ!(笑)。
 地味~~~~。
 キャラ立たねぇえええ。
 よく編集者はこんなプロット通したなぁぁあああ。
 ま、おかげで当時の“優等生受け”に飢えていたちーけんは、大いに救われたものですが!

 

スポンサーサイト

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。