ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]魂の萌えセリフ…「俺のことぜったい置いてけぼりにしないで…!」 遙々アルク『ビター×スイート』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-いじめられっ子  受け-ネクラ  ●ハ行-遙々アルク  
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
(2007/11/10)
遙々 アルク

商品詳細を見る


 ついに出ました、遙々アルク先生の初コミックス。
 主人公が自己否定バリバリの“ネクラっ子”だったり、自信皆無の“いじめられっ子”だったりすることが多い遙々アルク先生のマンガは、本ブログ的には最重要ウォッチ対象です。
 もう待望の発売です。
 発売2~3日前から、もう読むのが楽しみで楽しみで。
 ですが、このマンガの良さについては、たぶん他のブログやamazonのレビューでみんな褒めてると思うので、発売から1ヶ月近く経ってからの記事ということもありますし、あまり力を入れずにあくまで“優等生受け”“ネクラ受け”という視点から、内容をご紹介しようと思います~。

 ふだんなら胸キュン“優等生受け”マンガなんか見つけた瞬間にご紹介してしまう本ブログですが、なぜ1ヶ月近く記事も書かずに放置してたかといいますと、何を書けばいいか全然思いつかなかったのです。
 内容が素晴らしいことは、たぶんいろんなところで書かれるだろうし、ならばウチのブログでは何を書こうかなぁという。
 で、何回か読み返すうちに、心に引っかかる場所が出てきたんですね。
 そこをいきなりご紹介しても、読んでない方には皆目わからない話になってしまうと思いますから、ごく簡単にストーリーをご紹介しておくとしましょう。

 倉庫会社で働く寡黙な青年・三日月は他人恐怖症。
 人と接するのがイヤで、あまり会話をする必要のない倉庫管理の仕事に就いています。

(この地球上の人間がみんな死んでしまえばいい。そう思った)
(そしたら誰とも口をきかずにすむ。子供のころからどこでも嫌われた)
(人付き合いができず暗かったからだ)


 仕事中もほとんど口を開かず、飲み会に誘われても返事もしない三日月は、今の会社でもやっぱり嫌われ者。

 

スポンサーサイト

[レビュー]いじめっ子×ネクラっ子が“密室”で強制的に接近愛! 『クピド』vol.2より、遙々アルク『台風13号』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 攻め-クラスの人気者    受け-いじめられっ子  受け-ネクラ  ●ハ行-遙々アルク  
Qupid 2 (2)Qupid 2 (2)
(2005/08/22)
不明

商品詳細を見る



 BL業界的には、今、遙々アルク先生といえば、出たばかりの新刊『ビター×スイート』の話題一色だと思いますが、そこをあえてハズして(←なんでだよ)、05年に松文館から出たBLアンソロジー『クピド』vol.2に掲載された短編『台風13号』を今回はご紹介します!
 もちろん近日中に『ビター×スイート』のレビューも載せますが、たぶん世の中の他のたくさんの人たちがすでにそっちを紹介されてると思うので、今回はあえて逆ということで~。

 遙々アルク先生は、10年以上前でしたか、たしか小説JUNEで何作かマンガが載っていた記憶があります。
 特異な絵と作風で、ちーけんの記憶の中では「あのマンガ家さん、最近見ないけど、あの後どうなっちゃったんだろう~」と思っていた存在でした。
 ところが。
 忘れもしない2005年夏のこと。
 たまたま買った『クピド』vol.2に、遙々アルク先生がいきなり登場されていたんです。
 いや、びっくらこきました。
 でも、それ以上に驚かされたのが、載っていたマンガのストーリーですよ。
 だって…。
 ちーけんが愛してやまないネクラないい子ちゃんが受けキャラで、しかもクラスのボスであるいじめっ子が攻めというヨダレじゅるじゅるな設定だったんですよ~。
 生涯で読んだ“優等生受けマンガ”で、間違いなくBEST10入りする思い出の名作です。
 今でもたまに読み返してます!
 この『台風13号』は、いつご紹介しようかと思っていたんですが、遙々アルク先生のコミックス発売記念ということで(?)、やっと今回ご紹介させていただけます~。

 えー、相変わらず前置きが長くてすいません…。
 では、この素晴らしきネクラ優等生受け作品『台風13号』のストーリーをご紹介いたしましょう。

 主人公(受)・土屋は、根暗なチョイいじめられっ子の高校生です。

 

[雑誌レビュー]月刊ビーボーイ07年9月号――遙々アルク『君は間違っている』、藍音シノブ『ひとめぼれトレイン★』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 特徴-社会人  ●ハ行-遙々アルク  ●ア行-藍音シノブ  

 いやー今月の『BE×BOY』は、不作でした!
 もちろん“優等生受け”的な意味で!
 思いっきり表紙の下のほうに「オヤジ」と書かれている時点で、気づくべきでした。
 不覚!

 といいつつ、もちろん優等生的な意味でなければ、面白いマンガがたくさん載っています(笑)。
 でも、本ブログは“優等生受け”大好きブログなので、そんなことはお構いなしです。

 その中で、唯一ご紹介したく思うのが、遙々アルク先生の読み切り36ページ『君は間違っている』。
 主人公(受)は、決していわゆる優等生ではありませんが、地味で真面目で、でもハートはけっこうアナーキーでロックな頑張りやさんです。
 昼間、派遣社員の仕事を終えたあと、おばあちゃんが手塩にかけたトマトを路上で売ったりしているところが、なんというかとっても優等生なわけですね。

 

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。