ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]学年トップ×万年2位のツンデレLOVE with あふれる若さ! 日高ショーコ『感情サイン&『言葉より強く』


Category: レビュー コミックス   Tags: 攻め-クラスの人気者  特徴-高校生  受け-ガリ勉  受け-真面目・カタブツ  ●ハ行-日高ショーコ  
足りない時間 (花音コミックス)足りない時間 (花音コミックス)
(2005/10/28)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


シグナル (花音コミックス)シグナル (花音コミックス)
(2007/05/29)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


♪盗んだバイクで走り出す~、というのはあまりに有名な尾崎豊の歌の一節ですが、青春なんてものは曰く言いがたいもので、走り出した本人もなんでそんなことやってるかは実際よくわかってないんですよね。
 だからこそ青春時代なわけですが、高校生たちがそんな“自分でもわからない衝動に駆られる”姿を甘酸っぱく描いてくれた傑作が、日高ショーコ先生の連作『感情サイン』と『言葉より強く』です!

 前者の『感情サイン』は、日高ショーコ先生の商業誌デビュー作。04年の花音12月号に掲載されたものですが、それから1年半も経って描かれた続編が、ラブテク01『ツンデレ特集号』に掲載された『言葉より強く』ということになります。
 ちーけんは、『感情サイン』を読まないまま、続編である『言葉より強く』から先に読んだクチです。
 その際、あまりにストーリーが“優等生受け”で素晴らしく、こんなマンガ家さんがいたのかと驚愕し、あわてて日高ショーコ先生のデビューコミックス『足りない時間』を買い求めました。
 そうしたら、その中に“前編”である『感情サイン』が入っており、思わず「おおう!」と叫んでしまった覚えがあります。

 主人公は、定期試験でつねに1位と2位を争うライバルである渋谷と三上の2人。
 たいして勉強もしていないのに、常にトップをとる渋谷は、女にもてて成績もよく顔もいい、いわゆる“何でもできる”高校生。
 ちょっと大人びていて、周りのクラスメイトとは表面上はうまく付き合っていますが、どこか心の底ではそんな日常をつまらなく思っている無気力天才くんというやつです。
 渋谷が高校で編入してくるまで、つねに学年トップをとっていたのが、黒髪マジメっ子な優等生・三上。
 といっても、日常生活はいたって普通の高校生。
 いわゆるビン底眼鏡で対人関係は苦手とかいうキモオタくんタイプではありません。

 真面目で頭が良くて
 出来のいい子だと
 ずっと言われてきたし
 そのぶん努力だってしてきた
 順風満帆
 後ろ暗いところなんて何一つない生活だった

 これは三上が自分のことを評した言葉ですが、これだけで彼がどういう高校生かよくわかります(笑)。
 そこに登場して、あっというまに三上を乗り越えて行ってしまった存在が、渋谷というわけです。

 

スポンサーサイト

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。