ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

[新刊レビュー]高慢ちきなお貴族さまが… クライマックスでは一転して可愛くなっちゃう胸キュン作! 橘かおる『黒豹の騎士~美しき提督の誘惑~』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 特徴-ファンタジー  特徴-軍隊もの  受け-王子さま・貴族  受け-高潔な優等生  ●タ行-橘かおる  
黒豹の騎士―美しき提督の誘惑 (ガッシュ文庫)黒豹の騎士―美しき提督の誘惑 (ガッシュ文庫)
(2008/05/28)
橘 かおる

商品詳細を見る


 身分なんていうものを絶対の存在と信じていて、侯爵家の次男である自分が人の上に立つことを当然のことと思っている――。
 そんな美貌の公子が主人公(もちろん受)なBL小説が登場しました!

 もちろん、これまでも綺麗で気位の高い貴族さまが主人公なBL小説はいくらもありました。
 本作がひと味違うのは、普段はとても自分の弱みなんか人に見せないような、高慢で自信に満ちあふれた貴族のお坊ちゃんルロイ・カリウの“夜の顔”ですよ!
 すいません、またエロ場面押しか、お前はどんだけエロが好きなんだと言われるのは百も承知で、以下、橘かおる先生の最新刊『黒豹の騎士~美しき提督の誘惑~』をご紹介させていただきます(涙)。
 ……だって、ツンと澄ました美人のエロ場面、超萌えるんだもん!

 いったいルロイの“夜の顔”のどこが、それだけブログ主をそそったのかと言いますと…。

 

[新刊レビュー]至上の麗人…皇帝よりエライ「聖帝」受け! 橘かおる『天翔る光、翠楼の華』


Category: レビュー 小説単行本   Tags: 受け-王子さま・貴族  特徴-ファンタジー  ●タ行-橘かおる  
天翔る光、翠楼の華 (プラチナ文庫)天翔る光、翠楼の華 (プラチナ文庫)
(2007/09/10)
橘 かおる

商品詳細を見る


 世界史で覚えましたよね~。
「殷 周 春秋戦国 秦 漢 三国 西晋…」っていう、歴代王朝の名前。
 その中の春秋戦国時代をモデルにしたと思しき歴史ファンタジー小説が、橘かおる先生の新刊でプラチナ文庫から登場しました。
 といっても、ほとんどの人が「春秋戦国」と言われても何のイメージも持てないと思いますが(笑)、わかりやすい例で言えば、孔子の生まれた時代。
 日本でも全国に戦国大名が群雄割拠して天下を争った「戦国時代」がありましたが、中国でもあの広い大陸の各地に諸侯が並び立ち、中華の覇権を競った時代がありました。
 それが「春秋戦国」時代です。

 そんな日本と中国の戦国時代、時代でいうと2千年近い開きがありますが、じつは共通点があります。
 日本の戦国時代には、京都に入り征夷大将軍に任ぜられるべく戦国大名が戦いを繰り返したわけですが、じゃあ戦いを勝ち抜いたとして、誰が将軍に任じてくれるかといえば、京都に「天皇」がいたわけです。
 中国の春秋戦国時代も同じでした(厳密にいうと後半は違いますが)。
 晋、楚、斉、秦などの国が覇権を競って戦いあっていたのですが、じつは名目上は前代の王朝である「周」がまだ残っていたんですね。
 その日本でいえば「天皇」に当たる「周王」が、諸侯の中で抜群に力を持ち他国を圧倒するようになった者を「覇者」と認定して、実際の政治をやらせるという仕組みが事実上できあがっていました。
 日本では天皇-将軍、中国では周王-覇者というわけですね。

 で、今回の『天翔る光、翠楼の華』では、主人公(受)は華王朝「聖帝」という位にある麗人・珠泉(しゅせん)です。

 

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

01

03


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電