ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]「名前を呼んで…?」 偶然にも同じモチーフが登場していた2作品を同時レビュー! 『Hertz』vol.28より、鈴木ツタ『ワイルドとストロベリー』 明誠助『明るい男のコ計画』より、『くるくるまわる』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-平凡っ子  受け-成績優秀  受け-真面目・カタブツ  特徴-中学生  特徴-高校生  受け-女装  ●サ行-鈴木ツタ  ●ア行-明誠助  
HertZ VOL.28 (28) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.28 (28) (ミリオンコミックス)
(2008/10/01)
不明

商品詳細を見る


明るい男のコ計画 (MDコミックスNEO 29)明るい男のコ計画 (MDコミックスNEO 29)
(2008/09/24)
明 誠助

商品詳細を見る


 偶然ですが、最近出たまったく関係のない2つの作品で同じモチーフが使われていて、ブログ主には非常に印象的に映りました。
 片や、鈴木ツタ先生が描かれた“平凡受け”BL、片や明誠助先生の描かれた“優等生受け”な男性向けショタと、まったく違う畑の作品なのですが、そんな共通点を中心にご紹介していきたいと思います~。

 じつはこの2つのマンガでは、どちらも主人公が名前を呼ばれることがすんごく重要な意味を持ってるんです。
 ストーリーを順にご紹介していきましょう!

 まずは鈴木ツタ先生が隔月刊誌『Hertz』vol.28で描かれた“平凡受け”BL『ワイルドとストロベリー』から。

 本ブログでも何度もご紹介させていただいた鈴木ツタ先生ですが、何と言うんでしょう、ちょっとネクラな“平凡受け”を描かせたら日本一ですよね!
 可愛くもないしブサイクでもないし、とくに目立つところがなく、成績も性格も平々凡々。
 そんな自分を、本人はちょっとだけコンプレックスに思ってる――。
 そんな“平凡っ子”が受けキャラになってるBLを描かせたら、現状ダントツで第一位に来るのが鈴木ツタ先生だと思うわけです。
 昨年本ブログでもご紹介した『みにくいアヒルと王子様』なんて、“平凡受け”の歴史に残る決定的な名作ですよね…。
 そんな鈴木ツタ先生が、またもや胸をキュンキュンさせてくれる“平凡受け”BLを世に出してくださいました~。

 

スポンサーサイト

[新刊レビュー]そばかすが可愛いダサ外見(←ここ重要)な暴力店長が受けキャラ! 『HertZ』vol.23より、鈴木ツタ『大人のマナー』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-不細工・ダサい  特徴-年下攻め  攻め-不良  ●サ行-鈴木ツタ  
HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.23 (23) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2007/12/01)
新田 祐克西村 しゅうこ

商品詳細を見る


 いや決して俺もリアルタイムで見ていたわけではないのですが、一世を風靡したドリフターズ・加トちゃんのギャグに、「あんたも好きねぇ」ってのがありました。
 ちーけんは今、この言葉を鈴木ツタ先生に贈りたい!

 今年8月に出たコミックス『あかないとびら』の中で、見た目がダサいガリ勉タイプの大学生を主人公(受)にした素晴らしいマンガを世に出してくれた鈴木ツタ先生。
 あれからわずか3ヶ月…。
 またもや“ダサい子受け”BLを世に問うてくれたんです!
 ……いや、“子”じゃないですね。
 今回の受けキャラは書店の店長という立派な大人なので。
 背はちっちゃくて可愛い(?)けれど、目つきが悪くて、腕っ節も強いという、そばかすが可愛い20代後半(推定)の書店店長が今回の受けキャラです。
 これにバイトの元不良・皆見(みなみ)が惚れちゃったところからストーリーが始まるのですが、皆見自身、店長のことをこんな風に言ってます。

(見るからにダサいこの人は バイト先の店長)
(オレはこの人を好きだと 一瞬思ってしまったのだった)


 

[新刊レビュー]元優等生な社会人受け&思春期高校生いい子ちゃんの“優等生受け”2本立て! 鈴木ツタ『3軒隣の遠い人』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-地味・ダサい    特徴-年下攻め  特徴-社会人  ●サ行-鈴木ツタ  
3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)
(2007/09/25)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


 6月発売のコミックス『あかないとびら』でも、超絶に胸をキュンキュンさせてくれる地味~な優等生クン受けマンガ『みにくいアヒルと王子様』(レビューはこちら)を描いてくれていた鈴木ツタ先生が、やってくれました!
 またもや“優等生受け”ですよ~!
最新刊『3軒隣の遠い人』は、表題作も優等生受け、フィルアップで収録されている読み切りマンガ『海の上で見る夢』も優等生受けと、至れり尽くせりの一冊になってます!

 まずは表題作『3軒隣の遠い人』から。
 こちらは、優等生受けであることは間違いありません。
 作中、受けキャラである30歳ちょい手前の童顔マンガ家・昇(のぼる)に向かって、3歳年下の主人公(攻)、今はサラリーマンの光也が「…昔はモロ優等生だったよね」なんて言ってるシーンがありますから。

 この2人が、まさにアパートの3軒隣の部屋に偶然引っ越してきてしまったことから、物語は始まります。
 幼なじみでもある昇と光也は、これが10年ぶりの再会でした。

 

[レビュー]俺のこと覚えてなかったくせに…鈴木ツタ『あかないとびら』より『みにくいアヒルと王子様』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-ネクラ  受け-真面目・カタブツ  受け-不細工・ダサい  特徴-大学生  攻め-クラスの人気者  ●サ行-鈴木ツタ  
あかないとびら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)あかないとびら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2007/06/27)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


 いまグングン来てるマンガ家さんの1人、鈴木ツタ先生のセカンドコミックスから“ネクラBOY”受けな一品をご紹介します~。
 6月に発売された麗人コミックス『あかないとびら』所収の『みにくいアヒルと王子様』です!

 どうですか、このタイトル。すでにして“優等生受け”の本質ここにあり! という素晴らしいタイトルではないですか。
 優等生なんてのは、だいたいがみんな“みにくいアヒル”なんです。みんなが僕のことを見てくれない…僕はここにいるのに…。
 そんな気持ちが屈折した自己実現として結実しているのが、世に言う“優等生”という存在なわけですよ。
 そんな“みにくいアヒル”を、「君はみにくいアヒルなんかじゃない。本当は、美しい白鳥なんだ――そう、僕だけの!」(恥)というセリフとともに“僕だけのお姫さま”として白馬の上からさらっていってくれるのが“王子様”です。
『みにくいアヒルと王子様』――なんという素晴らしいタイトルでありましょうか。

 春も夏も秋も そして冬も終わろうかという時 俺に気付かなかった人が今 俺に気付いた

「あれ? あれ? えーと君 ひょっとして滝高の人?」

「……はあ」

 同じ大学でずっと同じ教室にいたよ こっちは入学する前から知ってたよ というか 覚えてないの?

 ストーリーは、“みにくいアヒル”である田山のこんな独白から始まります。
 同じ高校から同じ大学に入って1年近く。今まで自分の存在に気づきもしなかった“王子様”立花から突然、大学の構内で声をかけられたのです。

 1ページ目、いきなり大ゴマでのアップで登場する田山のルックスは、野暮ったいコートに黒い襟巻きを無造作に巻き、髪の毛もボサボサ。
 しかも目つきは三白眼という、まったくBLの受け子ちゃんらしくないネクラな出で立ちで、ここを読んだだけでti-kenの優等生アンテナはもうビンビンでありました~(笑)

 

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

03

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。