ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[レビュー]“ニューウェーブBL”の旗手がかっ飛ばした「王道」作品集! 性格破綻者たちが山盛りです(笑) 恋煩シビト『愛のポルターガイスト』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-キモオタ  受け-変人  受け-女王さま  ●カ行-恋煩シビト  
愛のポルターガイスト (花音コミックス)愛のポルターガイスト (花音コミックス)
(2009/10/29)
恋煩 シビト

商品詳細を見る


 これもブログ主が楽しみに待っていた一冊、恋煩シビト先生の最新刊『愛のポルターガイスト』が花音コミックスとして先月末に発売されました!
 しかも、Babyコミックスからも、ほぼ同時発売で『窓際の林檎ちゃん』というコミックスが発売されてまして、BL界における恋煩シビト先生の注目ぶりを表す出来事になってます。
 すごい人気ですねぇ。

 

スポンサーサイト

[新刊レビュー]テニプリの跡部を人間的に薄っぺらくしたような、自分は天才だと思いこんでる“プライドお化けくん”がズタズタに! 屈辱に震えちゃってるよ! 『花音』09年6月号より、恋煩シビト『恋とはなんと美しく』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-成績優秀  特徴-年下攻め  特徴-高校生  受け-天才  受け-女王さま  ●カ行-恋煩シビト  
花音 2009年 06月号 [雑誌]花音 2009年 06月号 [雑誌]
(2009/05/14)
不明

商品詳細を見る


 り、理想が結実したマンガが、今月号の『花音』に…!
 恋煩シビト先生の『恋とはなんと美しく』です!

 ブログ主は常々こう申してまいりました。
 自分が一番と思いこんでプライドばっかり高い優等生クンが、自分よりもっと凄い人間と出会い、メタクソに負かされ屈辱に打ち震えるけど、相手の男に惹かれてどうしようもない自分に煩悶する――それこそが真の“優等生受け”であると!

 今回の恋煩シビト先生のマンガが、まさにそういうお話なんです…。
 まさにドンピシャ。
 うう、生きててよかったよ…。

 

[新刊レビュー]白くて細くて文化系でもやしっ子…そんな優等生のラブストーリー 恋煩シビト『図書委員の恋』より、『夏の終わり』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-美人の優等生  特徴-高校生  特徴-幼馴染み  ●カ行-恋煩シビト  
図書委員の恋 (POE BACKS Babyコミックス)図書委員の恋 (POE BACKS Babyコミックス)
(2008/06)
恋煩 シビト

商品詳細を見る


 先日、恋煩シビト先生の最新刊『図書委員の恋』に収められている短編マンガ『冷たい手は君の中に』のレビューを書きました。
 その中で、もう一作どうしてもご紹介したいマンガがあると書きましたが、それがこの『夏の終わり』です。

 幼なじみな高校生同士の恋愛を描いた、学生ものが好きな人なら堪えられない一作ですが、これが素晴らしい“優等生受け”BLになってるんですな!
 といっても、作中では受けキャラである多々良一(たたら・はじめ)がどういうキャラクターかについて、さほど言及されているわけではありません。
 ところどころで、断片的に人となりがわかるような場面が出てくるんですね。

 幼なじみでもある攻めキャラ・宇野は、一についてこう言ってます。

 

[新刊レビュー]七三分けのガリ勉くんとちゃらんぽらんな劣等生… 恋煩シビト『図書委員の恋』より、『冷たい手は君の中に』


Category: レビュー コミックス   Tags: 受け-眼鏡  受け-真面目・カタブツ  受け-ガリ勉  受け-成績優秀  特徴-高校生  ●カ行-恋煩シビト  
図書委員の恋 (POE BACKS Babyコミックス)図書委員の恋 (POE BACKS Babyコミックス)
(2008/06)
恋煩 シビト

商品詳細を見る


 いやもうヒット、ヒット、大ヒット!
 読み終わって、畳の上を転がって悶えました。
 あんまりに作品が素晴らしかったのと、おいおい、ここで終わりかよ! という悔しさで!
 恋煩シビト先生待望の初コミックス『図書委員の恋』から、掲載作の中でたぶん一番短いマンガ『冷たい手は君の中に』をご紹介しようと思います!

 相変わらず、コミックスを紹介するときに表題作じゃないフィルアップのマンガばかり紹介してゴメンナサイ(笑)。
 でも、今回もこの作品をご紹介しないわけにはいきませぬ。
 かりそめにも“優等生受け”大好きブログを標榜している以上は…!

 主人公(攻)の梶原はテキトーに毎日を過ごしている高校生です。
 授業中、教師にみんなの目の前で「お前、今度単位落としたら進級危ないもんなー。ここらで真面目にならないと人生終わるぞー(笑)」と笑われて、初めて自分が高校からドロップアウト寸前にまで追い込まれていたことに気付くぐらいのテキトーな学生です。
 友達はアホで陽気なヤツばかり。
 調子がよくてテキトーでとりあえず毎日をぶらぶら過ごして…。
 梶原はそんな高校生活を、何とかかんとか送っているような高校生なのでした。

 ある朝、梶原が眠い目をこすりながら登校すると、日直欄に自分の名前といっしょに知らない人間の名前が書かれていました。

「木嶋って…誰?」

 

[新刊レビュー]死体大好きな変人“法医学者”が受け…異色BL! 『花音DX』vol.04より、恋煩シビト『法医学者異感情発生事件簿』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 特徴-社会人  受け-変人  ●カ行-恋煩シビト  
花音DX VOL.4 (4) (花音コミックス) (花音コミックス)花音DX VOL.4 (4) (花音コミックス) (花音コミックス)
(2008/05/29)
不明

商品詳細を見る


 それにしても、どの記事を読んでも“優等生受け”のことしか書いてなくて、いいかげん飽きられるんじゃないかと思いつつ、他に書けることもないので十年一日のごとく同じことを書き続ける本ブログですが、さて困ったことになりました。
 5月末の新刊ラッシュで、“優等生受け”なBLが物凄いたくさんありまして、もちろん全部おいしくいただいたのですが(笑)、とてもレビューを書く速度が間に合いません。
 とにかくこの世に出た“優等生受け”BLはすべて記録に留めておくことを目標にする本ブログですが、突如訪れた存亡の危機なのです(笑)。

 なんでこんなことになったかというと、いろんな作家さんの短編が詰まったBLアンソロジーの中に、“優等生受け”なものがいくつもあったからです。
 それに、小説の単行本でもかなり“優等生受け”なのが多くて…。
 好きでやってるのに泣き言書いてもしょうがないんですが、レビュー一本書くのに2時間はかかるので、どうにもこうにも追いつかんのですたい!
 ヤバイ!
 うーん。
 うかうか過ごしてると、毎月10日前後にある新刊発売日ラッシュがすぐ来ちゃうしなぁ。

 まあ、ぐだぐだ考えていてもしょうがないので、こつこつやっていきましょう。

 で、“優等生受け”がたくさん載っていたBLアンソロジーその1であります『花音DX』より、ブログ主が個人的に大変注目してます作家・恋煩シビト先生の読み切りマンガをご紹介いたします。

 

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。