ネクラで眼鏡でキモオタな優等生は“受け”るとイイよ!

委員長、地味な真面目くん、オタク少年…そんな“優等生受け”BLが大好きな腐男子のブログです~。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[新刊レビュー]赤面する優等生クンのビジュアルを見るだけでも価値がある一作…『Hertz』vol.24より、小椋ムク『ラ・ラ・バイバイ』


Category: レビュー 雑誌   Tags: 受け-ネクラ  受け-眼鏡  特徴-高校生  ●ア行-小椋ムク  
HertZ VOL.24 (24) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)HertZ VOL.24 (24) (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス)
(2008/02/01)
鹿乃 しうこ、木下 けい子 他

商品詳細を見る


 マンガにおけるストーリーの進め方というのは、作家さんごとに千差万別ですよね。
 Aという事件が起きたから主人公の気持ちがこうなって、それがじつはBというイベントの伏線になって…みたいなきっちりとエピソードを構成してストーリーを作り上げる人もいれば、ひとつひとつは独立したような淡いエピソードを積み重ねて、最後まで読み終わってみたらそれがひとつの物語になってた、なんていうタイプのストーリーを作る人もいます。

 今回ご紹介する小椋ムク先生の短編マンガ『ラ・ラ・バイバイ』は、そういう捉え方で見ると、すんごくストーリーを紹介しづらいマンガです。
 詩的というかなんというか…。
 主人公2人の恋愛がちゃんと描かれていて、起承転結もあるストーリーなんですが、どことなく捉えどころがなくて、不思議な味があります。

 主人公(受)は眼鏡でマジメな高校3年生の安達(あだち)です。
 安達は人と話すのが苦手。
 それをいいことに、クラスメイトからはクラスの雑用や日直の仕事などを押しつけられてしまう毎日です。
 でも、そんな自分を無気力に受け入れてるわけではなくて、心の中では「なんで 僕って…」とちょっと悔しがり、新しい自分になりたいなと思っているような少年が安達です。

 

スポンサーサイト

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
FC2カウンタ
 
プロフィール

ちーけん

Author:ちーけん
FC2ブログへようこそ!

 
最新つぶやき5件

Twitter < > Reload

 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
Lc.ツリーカテゴリー
 
Lc.ツリータグリスト
 


Archive   RSS   Login

債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。